2015年09月15日

100万人山梨はやめたらどうですか。

山梨県議会はじまりました。
きのうの政策提言委員会が大荒れになったそうで、これからの議会運営がどうなるのか。波乱含みです。
ぜひとも、民主的な議会運営を貫くように願います。

さて、
「人口ビジョン」が発表されました。
例の「100万人山梨」のあの人口ビジョンです。
6月議会の説明から各方面から疑問殺到の「100万人」
選挙公約と大きく違う「100万人構想」です。

いろいろ質問しました。
3パーターンのリンケージ人口でダブルカウントはあるの?(県人会員で山梨に旅行で宿泊したらそれぞれカウントされるの?)
鳴沢に別荘がある安倍首相も山梨県の人口?
山梨の人が東京などで宿泊したら山梨の人口からマイナスになるの?
だってそうしなきゃ理屈があわないよ。
全国の人口政策と会わなくなるんじゃない?
すると
「リンケージ人口は山梨独自のものです」と回答。

ええっー
おかしいんじゃないの?

人口推移で2020年。つまりあと5年で転入と転出が均衡するってホント?
出生率は1.6ってできるの?(現在1.43)
あと5年だよ。そのためにどんな政策があるの?
すると
「これは国の基準でもこうなっていますから」

ええっー
リンケージは山梨独自で人口推移は国基準って都合よすぎない?

リンケージの方は具体的に年次の数値目標があるのに、肝心の「本当の」定住人口はどうやって、年次ごとに何人になるのか記載がない。
自然増、社会増の人数内訳がない。
「本当の」定住人口をふやそうという気がないのか。

「本当の」定住人口は75万人(この数字もかなり難しいと思う。無理)めざすのだから100万人じゃなくて75万人山梨にしたらどうか」と発言したら、すこ゜ーい嫌な顔していたなあ。

だって定住人口100万人じゃないもの。
全国に「山梨は100万人目指します」って言える?(言ったら笑われると思う)

75万人だって「アンケートをとったら山梨の希望出生率が1.87だからこの数字を使った」と実現に根拠のない数字。
希望しているからこの数字になると思う??
希望と現実が乖離しているのですよ。
アンケートでなぜ希望の子の数と現実が違うのかの質問に「お金がかかるから」がダントツ1位。
子育ての経済的負担の軽減を思い切って、大胆に早急にやらないと5年後に1.6にはならない。
非正規雇用から正規雇用が当たり前にならないと安定した収入が入らない。
今すぐやるべきことはいっぱいあるのに、取り組む姿勢が見受けられない。

リンケージ人口ばっかり増えても肝心の「本当の」定住人口が激減したら、100万人っていえるのかな。
水ぶくれの数字合わせに騙されませんぞ。20150910キチョウ.jpg
posted by こごし智子 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

強行採決するな。法案撤回せよ。

茨城、栃木、宮城をはじめ、関東・東北の豪雨が心配です。
テレビからの映像に「なんとか早く助けてあげて」と祈らずにはいられません。

テレビ画面には自衛隊のヘリも見えます。
国民の命を守るとはこういうことなのではないでしょうか。

おそらく自衛隊に入ろうと思った方の多くがこのような災害救助に自衛隊が活躍している姿に「人を助ける仕事がしたい」と思ったのではないでしょうか。

でも今国会で審議されている、安保法案は自衛隊をアメリカ軍といっしょにアメリカ軍の指揮下で「ころし殺される」戦闘地域におくりだそうとしているものであり、日本の国民の命を守るものではありません。
本当の、真の意味での「日本の国を守る」ということは何かがとわれていると思います。

日本共産党がしめした統合幕僚幹部とアメリカ軍の会談について「存在するが、コメントは控えたい」という理解できない回答。
説明になっていません。
国会で追及しなくてはなりません。ウヤムヤで済まされるものではありません。

軍部の独走ともいえるこの会談。
民主主義ってなんだと問われています。

国民主権、基本的人権の尊重、戦争放棄。
日本国憲法に反することばかりの法案は廃案、撤回しかありません。

国民の声は確実に安倍政権をおいつめています。
だから理屈が通らない強行採決にしかできないのでしょうか。
だったらもっと追い込んで、安倍政権は退陣。法案は廃案にさせるしかありません。
強行採決は許しません!

あきらめません。
負けません。
そして来年は参議院選挙です。
シールズが「民主主義ってなんだ」「これだ」
「デモに行こう」
「選挙に行こう」
とコールしています。

日本の民主主義は元気です。
20150907ベニシジミ.jpg
posted by こごし智子 at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

急傾斜地、土砂災害警戒地域付近の太陽光パネル設置に規制を

やっぱり心配。
あさ、県庁につくと携帯電話がなりました。

雨がすごい。
茶色の水が流れている。
見に来てほしい。
甲府市善光寺の太陽光パネルの真下の住宅。
雨が降るたびに心配で心配での場所です。
県庁でのいろいろな用事や午後からの街頭宣伝もある。
うーむ。ちょっと待っててください。

11時。とんでもなく降っている。
やっぱり見に行こう。心配で用事どころではない。
荷物をまとめて県庁を出た。

いったん自宅にもどりカッパと長靴に着替えて出発。
音をたてて濁流が川を覆っている。見ていると吸い込まれてしまいそうだ。
現地に到着。電話の方に案内していただく。

茶色の水が容赦なく流れてくる。
でも片側の側溝は透明に近い水。
??どういうこと?

「本来の山の水はこの透明に近い水です。茶色の水は太陽光パネルの付近からです。」
道を流れる茶色の水。
側溝らしきものはなく、山肌というか畑というか雑草の中を流れてくる。
「さっきの方がすごかったのですよ」
「パネルができる前にはこんな水が出たことはないし、茶色の水がこんなに流れたこともない」
「降ったといってもこれくらいの雨でこんなになっていたら、時間30ミリとかになったらどうなるのか」

「パネル業者もですが、道路管理や河川管理の市や県も何か手をうつことはとできないのですか」
「誰も見に来てくれなかった。」

土砂災害警戒区域の上流部に建設された太陽光パネル。
この急傾斜地に、ぶとう畑や山地を転用してのパネル。
雨が降ったら毎回毎回心配で、いつか崩れてくるのではないか。
誰が許可したのか。なにかあった時誰が責任取るのか。
命に責任とれるのか。

重みのあることばです。
太陽光パネルの設置に規制を。
経済活動優先で命が後回しにされていませんか。

雨があがって現場をあとにしました。
午後の戦争法案反対。強行採決するな。
なにか共通するものがある。
命があとまわしにされること。
20150910クサノオウ.jpg
posted by こごし智子 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

政務活動費6月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2015年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2015年度は年間 3,360,000円(2015年4月〜2016年3月まで12ケ月)です。   
   
2015年6月の収支は以下の通りです。
20150908ツバメシジミ.jpg



posted by こごし智子 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

山梨でも1000人集まりました。

山梨でも1000人が集まりました。
山梨県弁護士会主催の「安保法案廃案に」の市民集会です。
前回よりも多かった気がするのですが、1000人と発表されました。

今回は政党あいさつは抜きにして、主に弁護士会のみなさんがリレートークしました。
保険医協会や社会福祉士会からもあいさつがあり、病院医師やシールズのひとりもあいさつしました。
小さなこどもさんといっしょのママたちは会場に残ってアピール。

立憲主義を壊すな。
安保法案は廃案に。
パレードも華やかで元気があって、力強い集会でした。
マスコミも取材にきていました。(NHK甲府でも夕方放送されました)

強行採決という声もきこえてきます。
でも、あきらめませんし、この声はもっともっと広がって来年の参議院選挙に必ずつながると思います。

東京新宿のホコ天にはシールズと学者があつまり、なんと12,000人も。
雨の中、若者のラップが響いていたようです。

ノーパサラン。
戦争法案通すな!のコールが続き。
民主主義ってなんだ? これだ!のコール。

オシャレで洗練されていて、かっこいいー若者のパレード。

オバサンたちにはちょっと続けてコールするのは難しい。英語と早いテンポだから、ついていけない。
でもオバサンもおじさんもあなたたちと思いは同じ。「元シールズ」だからね。

山梨でもこんなに集まった。政党色がなくても集まる。何かしなくてはいてもたってもいられない。
若い弁護士さんがいってました。「立ち上がるのは今でしょ」(そうだ!の掛け声)
今やらずして後悔したくない。
ノーパサラン。
戦争法案通すな!
20150907ツユクサ.jpg
posted by こごし智子 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする