2015年10月27日

決算委員会部局審査が終わりました。

決算委員会、部局審査が終了しました。
11月10日から13日に総括審査があります。

「決算委員の人数を6人減らす」という突然の議長提案から一転して従来通りの18人となり、さらに4日審議日数も増えて10日間なった決算委員会。
これまでの部局審査は「概要説明や、提出されている資料について確認する程度の質問にするように」と質問制限があり、私は「確認ですから」とか言っていろいろ質問しました。(やれやれ大変なことだ)

総括審査では、意見や主張もできるので、準備万端にして臨みたいと思います。



昨日の質問で、ある議員が
「知事の交際費が少なすぎる」と発言しました。

いえいえ山梨県知事の交際費は他県よりはるかに多いのです。
320万の交際費のうち260万はお葬式の生花代です。
県庁ホームページに知事交際費として公開されています。

山梨県ではお葬式にたくさんの方が参列します。
数百人と参列するのです。
知事の交際費としてほとんどがこうした「公的な」生花です。
これとて、「ここまでやるの」という気はしますが、その議員は知事交際費が少なすぎるというのです。

知事だから自由に使える公費があってしかるべきとか、会合に知事がポケットマネーだすのかとか、
はては
官房機密費が内閣にはある。それと同様に知事にもあるべきだ。
(会合ってなんのこと??)
(会合の飲食代とかは公的行事はともかく自己負担でしょ。)

もう、なんてことでしょうか。
聞いていてあきれてしまいます。
まだ記憶にあるのが山梨県の税金による「官官接待」です。
税金で国や時には企業に接待していたんです。

山梨県では職員、元職員も含めて全額返還しました。
もう二度とこんなことしてはいけない。
知事交際費はじめ、税金の使い方にとても厳しくなっているのです。

それを知事交際費を増やせとは。
自由に使える公費が必要だとは。
ちなみに知事の給与は2000万円超えています。

時代錯誤です。
県議の海外視察が観光旅行だったとして全額返還となった反省はないのですか。

私がもうひとつイラ立つのは、こうした「理不尽な」質問に当局がなにも反論しないことです。
なぜきっぱりとそれはできませんと言わないのですか。

私がもっと福祉に予算をというと「それはできません」っていうのに。20151025モミジ.jpg
大きな声を出す議員には反論しないのですか。

決算総括審査頑張りたいと思います。

posted by こごし智子 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政務活動費9月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2015年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   20151025覚円峰.jpg
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2015年度は年間 3,360,000円(2015年4月〜2016年3月まで12ケ月)です。   
   
2015年9月の収支は以下の通りです。





posted by こごし智子 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

「エネルギーの地産地消をめざす」は堅持すべきです。

議会のエネルギー地産地消政策提言委員会の骨子案がだされました。

この間発言してきたことが盛り込まれていて、まあまあこの方向でよいのではと思っていたら、
自民党の1年目の議員が
「経済効率を考えたらエネルギー地産地消はできない」と発言。

太陽光発電は非効率だということらしい。
発電しても蓄電できないから実際に電力として使われるのは少ないから。
自然エネルギーでは非効率で、県内の経済活動を考えると地産地消の考えは取り入れられないということらしい。

山梨県は原発事故で計画停電を余儀なくされた。
前県政の時に
地球温暖化を抑制することからも自然エネルギーで2050年地産地消をめざすというかなり「野心的な」方針を掲げました。
太陽光発電などを戸建住宅の半分に設置するとか。
小水力発電、バイオマス発電など自然エネルギーで県内電力の地産地消を目指そうという「先進的」な方針でした。
前横内県政の中では、全国的にも注目されるべき方針でした。

しかし、事業用太陽光パネルが予想をはるかに超えて県内に設置され、景観や防災上から問題が起きている。
過剰電力、固定買い取り価格制度など、状況が変化し、方針を見直すことになり、議会としても提言しようとなったのです。
委員会はずばり「エネルギー地産地消政策提言」です。

その提言から「地産地消」の文言をとったらなんのための提言なのか。

経済効率が悪いのは、自然エネルギーは火力発電に比べればコストがかかるかもしれません。
「原発はコストが安い」と宣伝されて、各地につくられました。
しかしひとたび事故がおきればそのコストは計算のしようがないほどの、とりかえしのつかない巨大なコストがかかるのです。
だから自然エネルギーへと移行してきたのではありませんか。

住宅への太陽光パネル、小水力、木質バイオマス、地熱エネルギー。
今はコストがかかっても、これからの市場は拡大していきます。
研究開発によって大きな経済活性化にもつながります。

福島原発事故の教訓はないのですか。
地産地消の文言はゆずれません。20150901バラ.jpg

posted by こごし智子 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

各省に来年度予算要請に行きました。

昨日、県民要求実現大運動実行委員会のみなさんと共産党山梨県委員会共同で各省に来年度予算要請にいきました。

厚生労働省ではこどもや重度障害者の医療費窓口無料に国がペナルティーかけているのをやめよ。国保税を引き下げるよう国庫補助金をふやせ。医療ビジョン構想でベット削減やめよ。保育所の年度途中入所ができるように定員超えての入所を認めよ。

国土交通省ではリニア沿線の被害状況に真摯に対応し、説明せよ。急傾斜地などへの太陽光パネル設置に規制を。デマンドバスなどへの補助金増やして。

経済産業省では再度、太陽光パネルの設置に景観や防災、環境破壊について規制せよ。認定した太陽光パネルの設置場所は地番も含めて関係自治体にしらせること。大企業の一方的な事業所閉鎖・撤退についてルールを設けること

総務省では公立病院の地方交付税算定基準を病床数から稼働病床数に変更することをやめること。

農水省では桃、すもも、ブドウの被害への救済策を。鳥獣害被害について県を超えた調査・対策を強化すること。

文部省では学校の統廃合について地域住民や保護者の意見を聞いて拙速に進めないよう、12学級を下回ったからとして機械的に統合する意味ではないという通知を徹底すること。


この中で
保育所の年度途中の入所は利用定員を上回っても可と回答がありました。
もちろん、保育士や面積基準はクリアしなくてはなりませんが、県議会で「国が利用定員を上回っての入所は認めていないから」という答弁は覆りました。兄妹なのに、同じ保育園に入れないという問題が解消される可能性がでてきました。

太陽光パネル設置では設置基準を満たしているかについて、抽出ですが、国が立ち入り調査していることもわかりました。ぜひとも山梨の施設も調査してほしいです。

鳥獣害対策では県境越えての協議会がない東京や神奈川静岡などに協議会を設置するよう国からも要請していると回答がありました。

しかし
地域医療ビジョンでは各県に国が支援すると回答しましたが、再度質問すれば、説明会を開いてデータの使い方の説明であって「山梨ルールはできません」と言い、国主導でベット削減に向かいそうです。

公立病院の地方交付税の算定基準見直しでは「公立病院だけが医師不足ではありません。お金が限られていますから」とまったく聞く耳もたず。これでは公立病院が経営難になってしまいます。

前進確認できたこと、これからも要請必要なこと。まだまだいっぱいあります。
ひきつづき、国会議員とも連携して山梨県民要求実現にむけてがんばります。
20151020政府要望.jpg

posted by こごし智子 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

政務活動費8月度収支報告

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2015年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   20151014ベニシジミ.jpg
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2015年度は年間 3,360,000円(2015年4月〜2016年3月まで12ケ月)です。   
   
2015年8月の収支は以下の通りです。



posted by こごし智子 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする