2016年01月15日

2030年に山梨県内の電力自給率70%めざす やまなしエネルギービジョン素案発表されました。

山梨県が「やまなしエネルギービジョン」素案を発表しました。
今パブリックコメント中だそうです。

きのう、議会のエネルギー地産地消政策提言委員会で説明されました。
私もこの委員会のひとりです。
12月議会に議会としてのエネルギービジョンの政策提言をしたところです。
政策提言同様、2030年を目指すビジョンです。

「2030年には県内の電力自給率を70%にする」というかなりの挑戦的な数値目標です。
2014年度は36.5%なので、ハードルは高いと思います。
そして2050年には100%の地産地消をめざすという高い目標です。

自宅屋根に設置する太陽光発電は推進して1割の世帯に
事業用の太陽発電は「適正導入」として、無秩序な開発には抑制的です。
水力、小水力も推進します。
バイオマスも大きく推進します。
コージェネレーションや家庭用燃料電池は大幅に、何倍にも推進です。

供給だけでなく、需要についても目標をだしています。
必要とする電力消費量は17%削減、熱消費量は23%削減します。

私は「この数字はかなりハードルが高いと思うが、目指していくべきであり、この数値目標実現させるための具体的な施策は何か」と質問しました。

「やはり、国の再生エネルギー推進への補助金や推進が大きく関わってきます」という回答でした。

山梨県もがんばりますが、国が原発に頼らない再生エネルギーに大きく舵をとることがこの目標達成に直結すると思いました。
posted by こごし智子 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

第2子保育料無料、重度障害児医療費窓口無料復活4月から中3まで 山梨県が発表

デビットボウイが亡くなり、SMAPが解散??
びっくリぽんの連日。

さらにびっくりぽんだったのが後藤知事の保育料第2子無料の発表。

えっー。
「反撃ののろし」って言ってたのはこのことか。

私は
知事就任直後の県議会で「子育て支援の経済負担の軽減策がない」と指摘し、
人口ビジョンで「どうやって人口増やすのか。子育てにお金がかかるとアンケートで言われているのに何もないのか」と追及し
総合戦略で「出生率を上げると言ってるに何も対策がないではないか」と問い続け、
ダイナミックやまなし総合計画で「出生率1.6と目標に掲げてもそのための施策がない」と
ずっーと「子育て支援の経済負担の軽減策がない」と言い続けてきた。
子育て支援、人口増やすなら、
出産、医療、保育、教育すべて無料というくらい大胆な政策が必要だと言ってきた。

ようやく、この指摘を「受け止めた」のか。

何はともあれ、保育料無料は前進です。
評価したいと思います。(年収640万未満、同時入所に限定せず、第2子以上の3歳未満児の保育料無料)



重度障害児の医療費窓口無料復活もうれしいです。
きのうのNHKでは「再び窓口無料」とテロップに「再び」とありました。
市民の声が窓口無料を復活させたのです。(4月から中3まで)

この1年間は何だったんだ。
2月議会でも6月議会でも決算委員会でも私の「復活を」の質問にことごとく「ペナルティーがありますので、ご理解をと」言い続けてきた県の答弁。
そのペナルティーは1000万円
県の負担は半分の500万。

やっぱり。
私が言ってたように数百万円じゃないの!
このお金が出せなかったの??

いろいろ言いたいけど、復活したことはよいことです。

それにしてもなぜこんなビックな施策を
人口ビジョン総合戦略やダイナミックやまなしに書かなかったのか疑問ですね。
ふっと思いついてできる政策でもないと思うのですけど。
ダイナミックやまなしの計画を作り直してもいいくらいだと思います。

「財政負担が重い」「継続的な負担が続くことは財政上からも」と福祉への支援策を断り続けてきた県政だけれど、
ぽーんと保育料無料に7億出しましょう(半分は市町村)となるのです。
やればできるのですよ。

どういう立場にたって県政運営するかですよ。

さあ、私もさらに県政に提案していきます。
ぜひとも応えてください。
期待しています。

posted by こごし智子 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

政務活動費12月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2015年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   20160111ジョウビタキ.jpg
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2015年度は年間 3,360,000円(2015年4月〜2016年3月まで12ケ月)です。   
   
2015年12月の収支は以下の通りです。



posted by こごし智子 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

北朝鮮の水爆実験に厳しく抗議します。

なんということか。
水爆実験など決して許されない。
核は人類と共存できない。
このまま核開発をして何をしようというのか。
「実践」なんてことになったら、もうホント終わりになっちゃう。

フランスのテロ。
中東情勢。
年明け早々、世界はどうなっているのか。

そして日本の安保法だ。
国際情勢に安保法が乗っかってしまったら大変なことになる。

日本は9条持つ国。
日本が国際社会でやるべきことは9条の精神を世界に広めること。
安保法じゃない。

2016年こそ、
平和と命が大切にされる年にしなくてはと思う。
posted by こごし智子 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする