2016年04月29日

議会流会をめぐる調査特別委員会設置へ

山梨県議会は何がどうなって、これからどうなるのか、誰もわからない。
「想定外」とか「予定外」ということばも超えてしまう。

28日の議会常任委員会は新年度の所属委員会がかわったことから新年度予算について各部局から説明をうける。
それだけの常任委員会。
夕方に各委員会ごとに「意見交換会」なる当局と議員の懇親会(いわゆる飲み会ってことですかね)も常任委員会にぶつけて毎年この時期にやっている。(私はこの意見交換会は不参加。一度も行ったことがない)

なのに、なのに、
なんと長い1日だったことか。

朝、登庁すると、とある議員が今日の「予定」をはなしてくれた。
えっ??
そんなことできるんですかあ?
前日に「ちょっといろいろあるけどね」とは聞いていたが、ここまでやるとは。
議会事務局に「議会運営委員会があるなら私も参加したいので」と聞いたら
「えっ?今日は会派代表者会議だけで議会運営委員会はありませんよ」とキョトンとした表情。
事務局も知らないんだ。


9時半の会派代表者会議。ちょっと遅れて開会
いつものように私は議長判断で出席不許可。傍聴しかできない。

議長が熊本地震の見舞金について提案。
議長名で送るのか、議会一同でおくるのか。ちょっとしたバトル。
「議長名なら議長が出せ」とヤジがとんだ
議員全員が見舞金をだすのに、議長名というのは、けしからんということらしい。
後で議会事務局が「センセイ方全員のお名前を目録にして先方に渡しますから」とわざわざ説明に来てくれた。
事務局のみなさん、お手数とらせて、すみません。

会派代表者会議の最後に議長は、議会流会となり、臨時議会の費用500万円を議員全員で負担しらたらどうかと提案した。
提案だけで「あとで相談」という趣旨だった。

そしてその次に
議会運営委員長から「3会派から議会流会の調査特別委員会設置の提案が届いているので取り扱いを協議してほしい」と発言があり。
議長は「その予定はない」と押し切ろうとしたが、取り扱いを採決せよと3会派が発言し、多数決で再び会派代表者会議を
開いてこの提案を議会運営委員会であつかうかどうかきめることになった。
10時から常任委員会の予定なので、いったんここで会派代表者会議をとじる。
3会派とは自民党第二会派と自民民主混合の会派、民主系会派の3会派だ。

お昼すぎ1時から、各議員連盟の総会。
後ろを振り返ったら、あれれ、空席が。
自民党会派の議員が何人も欠席している。

議員連盟総会終わって控室に戻ると、机にファックス。
自民党県連幹事長が「議会最大会派から離脱すると決断しました」とある。
ファックス1時15分。
議員連盟総会中におくってきたんだ。

自民党が3会派に分裂し、参議院選挙にむけて一致団結するために特定会派に偏らず、融和を図りたいからだと。
まあまあ、私にまでそんな説明しなくてもいいのに。

ってことは、どの会派にも属さないのか??
さっき参議院選挙にでる最大会派の議員が議員辞職したから議場の座席変えましたって報告あったばかりなのに。
ってことは、控室はこの少数会派のこの部屋にくるってこと??
いやいや、新しい会派をつくるのか??
そしたら自民党は4会派に分裂か??

2時半、再び常任委員会が再開されて新年度予算説明が続く。
さてさて、いつ会派代表会議をするのか。
夕方には懇親会があるし。

常任委員会が終わってからも控室で待機。
5時少し前に会派代表者会議始まる。

議会流会の責任をめぐる調査特別委員会が設置されることになった。
6月議会冒頭に設置について本会議にはかるということになった。
自民党最大会派からも異論なく決まった。


なぜ調査特別委員会なのか。
議会流会の責任は議会延長の手続きを取らず、議場に参集をよびかけながら、議場に来ずに流会させた議長にある。
最大会派も議場にこなかった。
なぜ500万円もかけて臨時議会をやらねばならなかったのか。
経過と責任をはっきりさせなくてはならない。
なんだか議員全員が悪者になっているが、流会の責任は議長にあることをしっかり決着させたい。

この点では私も賛成だ。
私は流会の翌日、責任は議長にある。議長は辞任をと申し入れた。
その時受け取った当時の議会事務局長は「5時2分すぎてましたから」と平気な顔で笑いながら答えた。
そんな言い訳で済む話か!

会派代表者会議に私の出席を認めない議長。
私だけでなく、少数会派を議会運営から排除してきた議長はとても公平公正とは言えない。

さらに
議会流会させた責任は重大だ。
なんでこんなことになってしまったんだ。
5時2分すぎたから議場に間に合いませんでしたなんて理由で済む話じゃない。
特別委員会設置して経過と責任をはっきりさせるべきだ。



同時に自民党県連幹事長の会派離脱にあるような自民党内の混乱は自民党内のこと
議会運営には持ち込まないでほしい。


さてこれから、山梨県議会はどうなるのか。
6月議会は参議院選挙の直前です。
自民党から選挙に出る予定の方は県議会自民党最大会派の代表者を長くつとめてきた方。

あの時。
議場招集された時にその方は議場に来ませんでした。
posted by こごし智子 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

5月22日 日曜日 日本共産党演説会です。

今日の甲府の最高気温は27.9度。
暑い!
足にはくっきり靴のあと。
焼けてしまった。

今日は5月22日の共産党の演説会のご案内に各種団体を回りました。
今回は日曜日の昼です。
山梨は初めての穀田衆議院議員がお話しします。
ぜひおいでください。

北海道の補欠選挙の結果もあり、
「野党共闘ですね」「どうなりますか」「ダブル選挙ですか」
声をかけていただきました。
政治への関心が高まっています。

山梨でも野党の選挙協力が整い、共産党は選挙区では民進党の宮沢ゆかさんを推薦し、全力で頑張ります。
もちろん、比例代表もがんばります。

安保法なくすため、
集団的自衛権の閣議決定撤回させるため、
立憲主義をとりもどすため、

歴史的な野党+市民の結合で自民公明に立ち向かいます。
初めての市民革命ですね。
しっかりがんばります。
演説会にぜひおこしくださぃ。


熊本、大分の地震から2週間。
地震のあと、「書くこと」がなかなかできませんでした。
思っていることはいっぱいあったけれど、文字にすることができなかった。
言葉を出しても、何かが足りないような、文字にしてはいけないような、
「言葉を失う」事態でした。
それでも日々時間は過ぎ、県政も新年度が粛々と進み、
北海道や京都の補欠選挙も
野党共闘も進み、
熊本への救援募金も取り組まれ、
今日、甲府は27.9度にもなる夏日。
もう5月になる。





posted by こごし智子 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

流会の責任にまったくふれない臨時議会

臨時議会をひらかざるをえなかったのは、議会を流会して新年度予算も含めて専決処分にさせてしまったからです。
議会運営の混乱から流会となったのに、
臨時議会など開かずに、定例議会でおわるはずなのに、こんなことになってしまった責任を議長はきょうの本会議で一言も言いませんでした。

県民に向かって経過と謝罪すべきではありませんか。
何もなかったかのように、議事をすすめました。

私は専決処分に反対討論しました。
「議会最終日にやる予定だった反対討論が流会でできませんでした。
行政を監視、チェックする議会の権能を議会自らが放棄した結果の専決処分は
痛恨の極みです」

専決処分したものには評価すべきものもありますが、県民のくらしを悪くするものも含まれているため、反対しました。

最後に
昨日の山梨日日新聞に県議会を傍聴した方の投書があり、「県民忘れた流会、議会は機能不全」との声がありました。
この指摘は的をえたものであり、責任を感じ、深く受け止めるべきである。
と述べました。

どこからかヤジ。
しっかり聞き取れませんでしたが「お前の○○だろう」とか聞こえました。

投書には傍聴して見たままが書いてありました。
議長が招集しておきながら、議場にこなかったこと。
最大会派の二人が議場に来たけど出て行ってしまったこと。
流会の責任は議長と最大会派にある。
とズバリ指摘したのです。

県民はしっかり見てます。
何が真実なのか。
何が正常化を阻んでいるのか。


夕方のテレビは「会派間の対立は解消されず」「火種残ったまま」「500万円は県民負担」ということばかり。

みんないっしょでなんでも賛成の議会じゃこまります。
会派で違うのは当然。
ただし、議会運営をどうするかは公平公正に全会派がそろってやらないから、こういうことになるんです。

県議会みんなそろって同じ責任??
いいえ、
流会の最大の責任は議長です。
どうしてマスコミはこのことにふれないのか、なぞです。
20160411タンポポ.jpg
posted by こごし智子 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

信玄公まつり、甲州軍団に出陣しました。

4月8日から10日は甲府の信玄公まつり。
県議会有志で甲州軍団に参加「出陣」しました。

昨年のこの時期は県議選中でした。
今年は、天気もよく、日差しがまぶしい、暑いくらいでした。

今年の信玄公役は陣内孝則さんです。
凛々しく、威厳のある信玄公でした。

お天気にもめぐまれて、桜もあってたくさんの方が見に来てくれました。
沿道にもたくさんの方にきていただきました。20160409信玄公まつり.jpg
例年の3倍の観客とか。

山梨の春の観光としてたくさんのかたにご参加、観光していただけるとうれしいです。


それにしても、県議会有志の軍団は、「整然」とはとても言えず。、
「県民のふたくを受けて、県民のために」というナレーションが、ますます恥ずかしく感じます。
観客の方もどう聞かれたでしょうか。
13日は臨時議会てす。


posted by こごし智子 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

景観・防災から大問題の太陽パネルの現地視察にいきました。

太陽光パネルで景観、防災が大きな問題になっている、北杜市の現地に議会のエネルギー地産地消政策提言委員会の一員として
参加しました。
全国ネットの民放で続けて報道されたこともあってか、議員よりもマスコミが倍くらいいました。
夕方のテレビでも現地調査の模様が放送されました。

湧水地のすぐ上に、森林伐採しての開発。
住宅を取り囲むようにしきつめられたパネル。
いくつもの会社が開発して、住宅への土砂災害も警戒されるパネル。

どうしてこんなところに作れるのか。
どうしてこのままで稼働できるのか。
どうしてこんな事態を放置しておくのか。

日照時間が長く、自然豊かな北杜市に移住してきた方も多い。
「こんなはずじゃなかった」と後悔している方もいるのでは。

現地調査にはたくさんの住民の方がつめかけました。
どこでも住民の方が「ぜひ聞いてほしい。みてほしい」と議員に訴えました。

ガイドラインはつくったけれど、
「住民説明会は開かれてるのか」「強度はあるのか」「事業者名が表示されてるのか」
など、ガイドラインを遵守しているとは思えない箇所がいくつも。
ガイドラインが絵に描いた餅になっています。

住民のみなさんとの意見交換会や条例化へ検討も必要です。

この問題で共産党は県議会でも国会でもすばやくとりあげてきました。
経済産業省や国土交通省にも実態をつきつけてきました。
山梨だけでなく、全国に森林伐採しての太陽光パネルや無秩序な開発、景観・防災上の問題がおきています。

国の法規制も必要ではないでしょか。
もちろん、山梨が率先して適切な太陽光パネル設置の規制をつくるよう求めていきます。
20160330サクラ.jpg
posted by こごし智子 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする