2016年05月22日

野党共闘が「見えた」共産党演説会

民進党からの来賓あいさつ、野党統一候補のあいさつ。
会場はひときわ、ひときわ大きな拍手でした。

民進党が「共産党が候補をおろしてくださったことに感謝申し上げる」「野党共闘に共産党がリードしていただいた」
と、過分な言葉に会場も私もうれしかったです。
この決断はまちがっていなかった。
民進党の丁寧な真摯に姿勢にうれしくなりました。

野党統一候補のお話も心に響くものでした。
力合わせてがんばろとあらためて思いました。

穀田衆議院議員の話もおもしろかったです。
京都弁でさらりとずはりと、要をつかんだお話し。
野党共闘の裏話??もいまだから笑ってしまうけれど、大変だったんだろうなあ。

でも今は、いろいろな壁を乗り越えて、野党はまとまっています。


演説会直前の野党統一候補の女性の支援組織の結成総会に私も参加しました。
何かの間違いだった気もしますが、受付すると来賓待合みたいなところに招かれて、
輿石参議院議員、中島衆議院議員、民進党の幹部の方が懇談中の中に招かれてしまって。

場違いところに来てしまった。
そおっと静かにしてました。

輿石議員に「野党共闘でご尽力いただきありがとうございました」とお話しすると
「さっき、穀田さんに甲府駅で会ってねえ、共産党の人と、京都の人と仲いいんだよね」と答えてくださいました。

野党共闘のとりくみ通じて、様々な方とお話ししています。
違いはあっても、安倍政権退陣。立憲主義取り戻す。安保法廃止。
大義のもとにより結束は強くなっていると思います。
頑張るぞー
posted by こごし智子 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山梨県女性議員の会 今年度の総会と記念講演。

昨年11月に再結成した山梨県女性議員の会の今年度の総会を開きました。
山梨県内の自治体の女性議員のうち28名が加盟しています。
一応、私が会長ということであいさつさせていただきました。

少ない女性議員なので、事務局4人が何回も集まって準備をしてきました。
党を超えて、協力しています。

今回は、いろいろな行事も重なって、参加者が少なかったのが残念ですが、何回も集まって、顔を合わせてくると、
みんな仲良くなってきます。


記念講演は「こども家庭の養育 社会で支援」山梨県立大特任教授の加賀美尤祥さんです。
山梨立正光生園の理事長をつとめていらっしゃいます。
社会的養護に見るこども家庭の現状と課題を講演していただきました。

2時から3時45分までたっぷりお話しいただきました。
質問にも丁寧にこたえていただきました。

4人の事務局も市町村議員です。
すべて議員でやりくりして、議員活動の合間に集まって会議をしています。
大変ですが、党派を超えての交流は楽しくもあります。

さあ次回はどんな企画にしましょうか。
困っているのは、秋に3つの市の議員選挙がおこなわれることで、この会の活動もちょっと休止状態になりそうなことです。
せっかく再結成したので、継続させていきたいと思います。
posted by こごし智子 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

産前産後ケアセンターを見学しました。

気になっていた、山梨県の産前産後ケアセンターを甲府市議の木内直子さんといっしょに見てきました。
女性議員として、見ておきたかったのです。
オープンから3か月が過ぎ、課題も見えてきたのではないかとこの時期となりました。

きれいな施設でした。
ゆったりしたお風呂、安心してくつろげるお部屋。
そしてあたたかい助産師さん。
こういう場所を欲しているなあと思いました。

案内してくれた助産師さんが言ってました。
「おかあさんはまじめで、かんばっちゃうんです。」「リラックスできるように。そのままでいいんだよって」

初めておかあさんになって、どうやっていいかわからない。
うまくいってない気がする。
うちの子だけ違うんじゃないか。
不安で不安で、でもどうしていいかわからない。
「外野」からいろいろ言われてもどうしていいかわからない。
「いいんだよ、それでいいの」と言われてどれほと救われたか。(実感こもってる!)

センターの姿勢として「これが正しい」ではなく、お母さんによりそって「うんうん、それでいいんだよ」という姿勢にほっとしました。これぞプロだと思いました。安心しました。

たくさんの方に利用してほしいです。
ほっとできる、話を聞いてくれるお守りみたいな場所になってほしいです。

課題は利用者をどうやって増やすか。
利用料金をもっと安くできないか。
利用手続きを簡易にできないか。

県が率先して作った施設だけど、県直営ではない。委託施設。
県からの助成金をもっと厚くしてほしい。
せっかくよい施設ができたのに、財政上から利用しにくいことがないように。

「たくさんの方にこういう場所があると知ってほしい」とお話しされました。
女性の方に、女性議員の方にみてほしいです。と言われました。

県議会で女性議員は私ひとり。
しっかり発信したいと思います。
20160421イカリソウ.jpg20160427タンポポ.jpg
posted by こごし智子 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

県議海外視察住民訴訟 証人尋問傍聴しました。

「県議の見識をたかめる視察は自費で」と前回の住民訴訟の東京高裁判決(最高裁でも確定)にかかれているんですよ。
「百聞は一見に如かず」「現地の空気感を感ずるため」の理由での視察はアウトです。

今日は住民訴訟の証人尋問でした。
私も傍聴にいきました。

今回は政務調査費を使っての海外視察です。
一人はノルウェーフィンランドで約60万円と韓国約12万円。
北欧はNGOの企画に申し込んだそうです。
参加者には県外の地方議員もいたそうですが、その方はすべて自費だったそうです。
なぜ山梨の県議は政務調査費なのでしょうかね。

韓国は博物館の無料化について視察したそうですが、学芸員に説明うけただけで、無料による収支についてとか無料にした理由など、行政職からの説明はなし。
何を視察したのかとの質問に「空気感」ということば。
あーあ。
これで税金つかって行ってるとは。

シンガポールバンコクは10人で約206万円。
海外視察は「百聞は一見に如かず」と。
現地旅行会社との情報交換会は食事しながら。
ってことはアルコールも出たってことですかね。
情報交換会なら会議でいいんじゃないの?

パリ11人で約560万円。なんと1月下旬の寒い季節。
またまた「百聞は一見に如かず」と。
パリで開かれた富士山展のレセプションに合わせて視察。
どういうわけか翌日は世界遺産のモンサンミッシェル。
世界遺産の環境保全についてだそうだ。
富士山とどういう共通項があるのか。
富士山5合目に観光客がたくさんいくようにとスバルラインの運行延長に視察したみなさんは賛成しました。
私は環境保全に反すると反対しました。

そして「パリ市内」という行程表。
これは何だ??
「移動です。疲れたのでホテルで休憩したり、荷造りしてました」と答えました。
わざわざパリまで来てホテルにずっといたとしたら、お気の毒です。

何が成果なのかと聞いても、納得いく答えはありません。
裁判官が「なぜフランスを視察に選んだのですか」「結局富士山展に行ったということですね」の質問に
「うーむ」明確な答えがない。

前回の東京高裁の判決を3人ともそれなりに読んでいるという。
ならば議員の見識ひろげる視察は自費でという判決の趣旨をわからなかったのか。

海外に行くなとはいいません。
現地に行けば「ほほーっ」と思うことはあります。
異文化に触れることは大切です。

でもそれだけなら自費で行くべきです。
修学旅行では観光地をみたり、体験したり、話を聞いたりします。
見分をひろげてきます。
現場にいき、感じてきます。

でもそれは自費です。
修学旅行積み立て金で自費です。
事前学習して、帰ってきたら、旅行記をかなりの分量をかきます。

県議なら見識広げる視察も税金で可というのは不適切です。
返還すべきです。
議員の海外視察についての改善が必要です。
20160427アヤメ.jpg
posted by こごし智子 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

10日は県議海外視察 住民訴訟の証人尋問です。

「山梨県議会の県議の海外視察は観光旅行だ。返還を」と住民訴訟が起きています。
10日には前県議含めて3人の証人尋問があります。

山梨県議会の海外視察については「観光旅行であり、全額返還」という最高裁での確定がありました。
これで税金使った海外視察は終わったかと思っている方もいるかもしれませんが、まだ行っているのです。

今回の訴訟は前回の裁判中に行っているのです。
行程表には「市内視察」という内容不明の視察が何か所もあります。

パリ市内視察の中に世界遺産、フランスの代表的観光地のモンサンミッシェルも含まれていました。
海に浮かぶ世界遺産。
何のために視察したのでしょうか。
議会活動にどう活かしてのでしょうか。

前回の最高裁確定後も「萎縮することはない。どんどん行こう」と言っていたのは当時の自民党最大会派の代表者。
反省していないようです。

税金使っての観光旅行は許さない。
市民のみなさんといっしょに裁判に大注目です。
20160411シャガ.jpg

続きを読む
posted by こごし智子 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする