2016年08月31日

政務活動費7月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2016年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2016年度は年間 3,360,000円(2016年4月〜2017年3月まで12ケ月)です。   
   
2016年7月度の収支は以下の通りです。


20160829ヒマワリ.JPG
posted by こごし智子 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

子どもの貧困を考える会結成総会に参加しました。

27日、子どもの貧困を考える会が結成されました。
全国各地にこのように「こどもの貧困問題を考える会」が設立されています。
「この会で何ができるのか」「ほかにも貧困問題やっている会があるじゃないか」といわれそうですが、いろんな会やいろんなアプローチがあっていいんだと思います。
「貧困って何?」がまず問われます。

きょうの結成総会のミニ学習会では「格差と貧困から見えるこどもの虫歯」と歯科医師の先生がお話しいただきました。
衝撃的な口腔崩壊の現状でした。
所得が低いほど虫歯が多いという統計にびっくり。

親の生活状況がこどもの歯科治療に関係している。
こどもの医療費は窓口無料になっていても親が貧困だと暮らしに精一杯でこどもの歯にまで関心がいかない。
歯科受診につれてこない親たち。

4歳、6歳でこんな口腔状態。
10代の女性が虫歯だらけ、歯がない状態。
言葉を失うくらいの衝撃映像でした。

貧困は虫歯を作る。
虫歯から貧困が見えてくる。

一見わからないけれど、貧困は広がっている。
汚い服きて、食べるものも食べれず、明日の生活費がない。
「見るからにビンボー」の人を対象にしたのが貧困対策ではないと思います。

自分から「私は貧乏です。貧困です」という方はいないでしょう。
ましてこどもが「僕は貧困です」と言えないと思うのです。
親だって、他のこどもと同じように遊びに行かせたいし、ゲームや携帯も持たせたい。
親の私が我慢して、それこそ食べなくてもこどもには「普通のくらし」をさせてやりたい。
貧困問題が見えなくなっています。

特定のこどもたちだけを、かなりの低所得者層だけを「救い上げるんだ」みたいな対策ではなく、すべてのこどもたちを視野にした貧困対策を考えたいと結成総会であらためて感じました。
posted by こごし智子 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

政務活動費6月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2016年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2016年度は年間 3,360,000円(2016年4月〜2017年3月まで12ケ月)です。   
   
2016年6月度の収支は以下の通りです。



20160421ジャコウアゲハ.jpg
posted by こごし智子 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

自民党の自民党による自民党のための県議会なのか!

やっぱり自民党は自民党でしかない!
議長辞任の理由が自民党一本化のためだという。
自民党一本化して議会の正常化のために辞任する。

?!!
自民党のために議会があるんじゃない!
結局、自民党の権力争いのために議会が利用されているのか。

2月議会の流会の責任について議長は記者に聞かれてやっと答える始末。
流会も自民党内の権力争いの道具だったのか。

昨日の調査特別委員会。
9日までの証人尋問では厳しく追及していたのに、コロッと変わって、だんまり。
再尋問は前議会事務局長だけになった。
土橋委員長の悔しそうな顔。
若い議員の納得いかない表情。
傍聴していても、これまでの委員会の空気とまるで違う。

「議長がやめたからもういいや」
「まあまあ。この程度で終わりにしよう」という空気すら感ずる。

再尋問をきめる直前の議長辞任。
再尋問を回避するかのようなタイミング!!

流会めぐる経過と原因、責任をうやむやにさせて幕引きなど許されない。
これでは自民党内の権力争いであったと明記してもいいくらいだ。

私は議長の不公平な議会運営を改めるべきだと議長不信任に賛成した。
その後の議事審議には退場せずに議場にいた。
流会の責任は議長にある。
徹底審議をと調査特別委員会のメンバーに入れなかったが、傍聴してきた。
9日までは徹底審議の流れだった。

しかし
一転した。

自民党の自民党による自民党のための県議会。
県民不在。
議会不在。
これでいいのか。

自民党のなかには、「こころある議員」はいないのか。

山梨県議会は、やはりこういう議会なのか。
また全国からある意味「注目」される議会になる。

「自民党一本化が議会の正常化」などなんという理屈だろう。
自民党が議会を牛耳っていると自負しているのか!

県議会の正常化は
まずはすべての会派が参加する議会運営だ。
すべての議員が自由に発言できる保障だ。
議員は県民の代表である。
県民の声を等しく県政に反映する議会こそ正常化だ。
自民党の力を増大させることが議会正常化ではない。

私は議会の公平、公正な議会運営を求めてこれからも主張していく。

posted by こごし智子 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

政務活動費5月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2016年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2016年度は年間 3,360,000円(2016年4月〜2017年3月まで12ケ月)です。   
   
2016年5月度の収支は以下の通りです。


20151217ダイサギ.jpg
posted by こごし智子 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする