2016年08月04日

大滝湧水上部への太陽パネル設置「影響はない」と県が答弁!! 住民合意もない建設は不適ではないか

まあ、びっくりしました。
名水100選にもなっている、北杜市の大滝湧水の上部になんと事業用太陽光パネルの設置が計画されているのです。

もちろん地元住民の方は大反対です。
ことし春には議会の「エネルギー地産地消政策提言委員会」で現地も視察し、住民との意見交換会をしようと計画され、今日行われたのです。私も委員会のメンバーです。

初めに、地元の区長さんや反対運動してきた方からご意見を聞きました。
私も何点か質問しました。
「住民への説明はいつ、どうやって、何回くらい行われているのか」

去年の9月末に区長さんのところに事業者が来たそうです。
口頭です。書面もなかったそうです。

森林伐採して太陽光パネルの設置です。
雨水や排水対策は?湧水が枯れるのではないか。
農業や生活用水である。
観光や景観からしても心配。

質問を出したそうですが、なかなか回答がない。
中央道建設した時、大滝湧水の西側が枯れてつい最近ようやく復活したそうです。
事業者側は地域貢献として大滝神社に「10万円寄付するから」と言ったそうです。(唖然)

もう一つは
「太陽パネル設置のガイドラインができた。県や北杜市が現地を回ったり、県や行政側から建設に対して指導したりしていたことがありますか」とききました。
住民の方からは
「私たちが市や県にいうことはありますが、逆はきいたことがありません」


第2部は県の担当課との意見交換です。
私は詰めました。
私 「大滝湧水上部はガイドラインに沿うと、建設に適切な地域と思うか」
担当課 「建設には慎重を要する地域であり、排水や景観など指導をしている」

私「さきほど、この場所に建設しても2ヘクタールくらいだから影響はないと答弁していたが、慎重を要する地域なら、影響の調査すべきではないか」
担当課「調査の予定はありません」

私「住民のみなさんから説明が不十分であると聞いた。住民との合意形成がされていると思うか」
担当課「合意形成が望ましいと考えており、指導しています」

私「北杜市に対して景観条例にそった指導をしているとのべていたが、いつ、どのような指導してどういう結果になったのか」
担当課「連携しています」

住民合意がなされていない。不適切な地域、ガイドラインに反する建設だ。中止するべきではないか
と迫りましたが、同じ答弁繰り返し。

担当課は
「条例化はできない。他の法令がありますから、太陽光パネルをもって規制する条例化はできない。ガイドラインで要請するだけ」と繰り返すのです。

できないことを探るよりも、どうやったら条例化できるのか検討すべきではないか。
少なくとも住民説明会、住民合意の義務化と、県の指導に従わない場合は事業者名を公表するくらいはできるのではないか。

ここで傍聴していた住民の方から拍手が起こりました。

県と市が「私たちはやっている」と開き直って、責任を感じていない。

影響はないと言ったのだから、もしこのまま建設して湧水が枯れたら県が責任とれるのか。
と言いたかった。

事故が起きたら誰が責任とれるのか。
北杜市の山並みの景観もとめてきたのに、パネルの景観に観光客が来るだろうか。
玄関あけたらパネルのところに移住してくるだろうか。

山梨県の姿勢がとわれているのです。
20160805トンボ.JPG
posted by こごし智子 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

政務活動費4月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2016年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2016年度は年間 3,360,000円(2016年4月〜2017年3月まで12ケ月)です。   
   
2016年4月度の収支は以下の通りです。


20160725ハス.JPG
posted by こごし智子 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする