2016年11月10日

政務活動費10月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2016年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2016年度は年間 3,360,000円(2016年4月〜2017年3月まで12ケ月)です。   
   
2016年10月度の収支は以下の通りです。


20161109富士.JPG
posted by こごし智子 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

100億円超える公共事業補正予算。トンネル老朽化対策は2000万円

昨日の夕方のニュースで
「臨時議会で、(途中略)トンネルの老朽化対策などをふくむ111億円の公共事業補正予算が賛成多数で可決成立しました。」と言っていた。

トンネルの老朽化対策は2か所2000万円ですよ。
111億円のうちの2000万円ですよ。
これで、「防災対策に配分した」なんて言えません。

国の補正予算の枠組みでの今回の県の補正予算は
「21世紀型のインフラ整備」50億、「安全や防災」に49億円と何度も答弁していた。

橋梁の耐震補強やトンネルの老朽化とか、河川の護岸整備とか、下水道耐震化と言葉をならべているけれど
実は
橋の耐震補強は6橋6億円、トンネル老朽化対策は2か所2000万円、下水道耐震化は6600万円ですよ。
整備が遅れている砂防費は11億円。
これで、防災対策に重点おいたと言えるのですか?
「やってるから」と文言ならべただけで実はなかみは「これだけ?」

「21世紀のインフラ整備」とは何か。
県内ネットワークの基幹道路の整備に17億円。
これはリニア駅へのアクセス道路の整備ということです。
さらに
道路関係予算だけで27億円。

トンネル老朽化対策2000万円が、補正予算のなかでなんと小さいことなのか。
維持修繕、補強補修の公共事業こそ優先すべきなのに、やるべき順番が違う。

結局、国の補正予算の枠組みでいくから、リニアの整備加速になってしまう。
今回の補正予算が「経済対策」と位置付けられているが、リニア駅へのアクセスがなぜ経済対策なのか答弁があいまい。
公共事業によって、ストックの効果とフローの効果があると答弁していたが、
ストックとしてのリニア駅へのアクセスは効果があるのか。
リニアがくれば景気がよくなるというのは疑問が残る。

フロー効果というのは、公共事業によって雇用や材料費がふえて景気が良くなるというもの。
それは増えるのは当然だ。
だからと言って景気をよくするために公共事業だとしていたら、際限なく工事が進められることになる。
これでは借金が増えるだけだ。

今回の補正予算でも48億円県債発行になる。
山梨同様に「公共事業で景気対策」と全国で進められたら、それはそれは日本中、工事と借金だらけになると思った。
あやうい。



トンネル老朽化に2000万円とわかったのは、当日朝配布された公共事業の箇所付け表をみてわかった。
私は本会議でいくらかと質疑したが、知事は金額を答弁しなかった。
土木森林環境常任委員会で改めて質問して初めて確認できたのだ。
本会議でなぜ知事は金額を答えなかったのか。

この個所付け表は、所属の常任委員会委員にしか配布されなかった。
だから私には農政部関係の箇所付け表がない。
公共事業関係のない教育厚生常任委員会や総務委員会の議員にはまったく資料がないのだ。
これで、議案審議せよとはなんたることか。
と本会議で知事に指摘した。
議会軽視であり、情報公開に反するし、全議員に配布しないのは不公平だ。

でも、
資料が配布されなかった議員もみんな補正予算に賛成したんですよ。
(私は公共事業の優先順位が違う。また借金増やす道へと逆戻りだと反対しました。)
知事側も議会側も県民に責任もって議論したと言えるのでしょうか。
複雑な気持ちです。
20161109モミジ.JPG
posted by こごし智子 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする