2017年02月28日

リニア問題報告会  本村衆議院議員を迎えて

25日土曜日、日本共産党山梨県委員会主催で「リニア建設問題報告会」を開きました。
国会で、日本共産党のリニア対策委員の本村伸子議員が国会での様子も含めて「リニアストップ」と講演しました。
会場いっぱいの140人の参加でした。

本村議員は山梨のリニア沿線地域に何度も来ていますし、神奈川、長野、岐阜、静岡、名古屋と沿線自治体をすべて回って、様々な問題を現地の方から直接見て聞いています。

どこでも「リニアはいらない」「暮らしが成り立たなくなる」
大問題です。

山梨県の沿線ルートからも報告いただきました。
南アルプス、甲府市、富士川町と地域でリニア問題に取り組んでいる方から報告いただきました。

騒音の問題。
補償の問題。
JR東海の説明に納得いかない。
あっちもこっちも問題だらけ。

会場からの発言も次つぎだされて、時間をわすれてしまうくらいでした。

私も山梨県が「住民の立場に立つのか、それともJR東海の立場に立つのか問われている」と報告しました。
明日の本会議の質問もリニア問題をとりあげます。

知事は「リニアが最大の切り札」と所信表明で述べました。
このままJR側にたって進めれば、「リニアは最悪のカード」になりかねません。

明日の質問がんばります。
posted by こごし智子 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

2月県議会  代表質問

最大会派の代表質問でした。
同じ会派で二人が代表質問しました。
質問項目がかなり似てました。

IRについての質問と答弁に注目していましたが、
知事は答弁に立たず、部長が答弁しました。

「観光振興や経済活性化、雇用創出が期待される」といつもの答弁。
でも、さすがにそれだけではと思ったのか
「ギャンブル依存症や青少年への悪影響も」と続いた。

で、結論は
「他の自治体の動向もみてまいります」
という、推進とも反対とも言わない。
しかも知事は答弁に立たない。

はっきり、「カジノはつくりません」とどうして言わないのでしょうか。



posted by こごし智子 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

議会基本条例検討委員会  県民の声をしっかり聞いて

ちょっと前進しました。
議会基本条例検討委員会で「条例の見直し」の条文に「県民の声をきいて」の文言が入りました。

もともと議長案には「県民の意見」が入っていたのに、
「議会のことは議会できめることだから、県民の声は関係ない」とむちゃくちゃな理屈で削除されてしまい、
私は「県民に開かれた議会をめざすのが、基本条例に基本中の基本。県民の声を書くべき」と何度も何度も発言してきました。

今回、「復活」したのは検討委員会以外の議員からの条例素案への意見として
「県民の声」をいれるべき
という発言におされて、今までの委員会論議と逆になりました。

これは意見公聴会やパブコメでも何人もの方から出されていました。
当然と言えば当然の結果です。
ちょっと前進です。

しかし、
一番の論点である
「前文に流会の反省を入れるか」は今日も次回先送りとなりました。
私はもちろん前文に反省の文言も入れて「書き直し」を発言しましたが、
「もうすでに論議すみ」という意見もまた出されました。

だから言いました。
「パブコメや意見聴取会で一番意見が多かったのが前文と政務活動費の透明確保ですよ。修正すべきです」と何回も言いました。

政務活動費についても
「政務活動費についての条例があるからそれを侵害することはできない」と委員長は言いましたが、
私は
「政務活動費の使途基準を定めただけで、透明性の確保を議会基本条例にはっきり書くことが重要。
他県ではウェブに領収書公開していたり、「黒塗り」をいっさいやめたところもある。
政務活動費の透明性確保、公開は県民からの最も関心が高い。
修正すべきです」とこれまた何度も発言しました。


次回、パブコメ意見をとりいれた委員長案が出される予定です。
ぜひとも、「県民の意見」を聞いて
県民に開かれた基本条例にしたいです。


ところで意見聴取会のアンケート結果が報告されました。
県議会に厳しい感想が目立ちました。

その中で
「議員の椅子と公述人の椅子と傍聴席の椅子と3段階になっていた。傍聴席は丸椅子。なぜ?と思いました。みな平等にすべきです」の感想が胸に刺さりました。

こういうところから「県議会議員はえらそうにしている」とみられているのです。
議会事務局の方からは「傍聴席の確保のためには丸椅子しかなかったのです。」言われましたが、
反省すべきは
「県議だけが偉そうにしている」と県民は見ているということです。

県民の皆さんに不愉快な思いをさせてしまったことをお詫びしたいと思います。
真摯にうけとめなくてはならないと思います。
なぜ県民にそうみられるのか。
県議会は謙虚にふりかえるべきだと思います。
posted by こごし智子 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

「100万人なし、リンケージ人口なし、貧困なし、非正規なし」知事の所信表明

何か違う。
何かしっくりこない。

知事の所信表明を聞きながら、「うーむ」とうなっていた。
何かが違う。

はっと思った。そうだと思った。
「貧困」という文言が一回もなかったのだ。
「非正規」もない。

その一方で
「リニアが本県がさらに飛躍していくための最大の切り札」
「アジア諸国などが経済発展を続け、市場としての存在感を高めている今  世界に通用する産業を有する大きな好機」
さらには
「世界の中でひときわ輝く山梨を創りあげて参りたい」

ええっ?
山梨県民のくらしのことはどうするの?
世界の中で輝く前に、くらしを輝かせてほしいよ。

リニア、リニア、リニア
リニアがなければ、山梨はどうなの??
リニアに頼みすぎる。
10年後にリニアが開通している保障はまだありません。
1時間に上下それぞれ1本しか止らないリニア。
東京、名古屋、大阪を結ぶことが目的のリニア。
山梨の経済効果はまったく不透明。

それよりもリニアによる、騒音や日照権や、移転や、地域の分断やそういうことはまったくふれない。
県民の暮らしよりもリニアなのか。

くらしの厳しさ。
将来への不安。
知事は何も語らなかった。

まるで「山梨」という会社の年度方針を聞いているようだった。


去年まで何回も聞いた
「100万人構想」「リンケージ人口」もなかった。



posted by こごし智子 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

政務活動費1月度収支

日本共産党山梨県議団 政務活動費  2016年度  
      
  政務活動費とは   
   
  政務活動費は、地方自治法及び山梨県政務活動費の  
 交付に関する条例に基づき、会派及び議員が実施する  
 調査研究、研修、広聴広報、要請陳情、住民相談、各種  
 会議への参加等県政の課題及び県民の意思を把握し、   
 県政に反映させる活動その他の住民福祉の増進を図る  
 ために必要な活動(以下「政務活動」という。)に要する  
 経費の一部として、会派及び議員に交付されます。  
   
政務活動費は、議員一人当たり月28万円(会派5万円、議員23万円)が   
交付されます。   
日本共産党山梨県議団は、2007年5月より、小越智子(一人)となり、   
2016年度は年間 3,360,000円(2016年4月〜2017年3月まで12ケ月)です。   
   
2017年1月度の収支は以下の通りです。



20170216シメ.JPG
posted by こごし智子 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政務活動費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする