2018年01月19日

廃止も売却もできない「丘の公園」の教訓から学ぶべき

企業局の地域振興事業として昭和61年に開始された丘の公園の今後のあり方の検討委員会報告書が提出され、議会全員協議会で説明があった。
電気事業会計からの59億円の借入金を平成100年度返済完了予定としているが、内部留保資金がほとんどない状況で事業継続していくためには修繕費用の捻出が必要で現在の償還計画(年8000万円)どおり償還していくことは非常に困難であるとされている。

では今後どうするか
廃止の場合は、借入金の償還が不可能になる。恩賜林地を借りているので、返還するには原状回復が必要であり、10億円の費用が想定され、現事業では確保できない。
民間売却の場合は、売却先事業の負担が大きく、応じる事業はないと見込まれる。売却しても借入金の償還は不可能。

つまり、撤退することもできない、やめることもできない。
なんということだ。
県の説明では建設資金の借入金33億円を出資金に振り替える方法で負担軽減をはかるという。
会計上の操作で財務状況を改善するらしい。
それでも、償還期間が劇的に短縮されるわけではない。
解決策がないまま、継続するしか見通しがないのだそうだ。

昭和61年、バブル崩壊前に県がゴルフ事業に乗り出したのだ。そのツケがが30年たってこの事態。
丘の公園の教訓から、二度とこうした事態を招いてはならない。
「開発」「大型開発」「呼び込み型開発」は慎重に慎重に考えるべきだ。

公共施設のありかたについての中間報告もされた。
これまで通り、「これ以上延べ床面積は増やさない」という方針だ。
しかし、その前に「あらたな行政需要は除き」とある。
リニア駅周辺整備やスタジアムなどが思い浮かぶ。
リニア駅前には「コンベンション施設」も検討するという。
スタジフム建設でもイベントができるようにとあり、
甲府城周辺の開発があり、
さらにリニア駅にコンベンション施設?
どれだけ甲府市に人が集まると予想しているの??

ニュースで30年後に全国の学校数は現在の3分の一になると大学教授が発表したと。
人口は減る。減り続ける。この現実は変えられない。

華やかな夢を描いていただろう丘の公園。30年前にこの時代を想像できなかったのか。

今は違う。
30年後どころか5年10年後は容易に想像がつく。

巨額投入する呼び込み型、大型公共事業をいくつもやったら、大変なことになります。
posted by こごし智子 at 01:04| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

知事に新年度予算要望書を提出しました。

今年も知事に直接予算要望書を渡し、懇談しました。
わずか10分でしたが、知事は今回とても丁寧に対応してくれました。
お茶もだしていただきました。

まず、
12月議会に、かねてから要望していた河川の堆積土砂の撤去や立ち木の伐採の予算計上に敬意を表し、要望書を渡しました。
福祉の充実や子どもの貧困対策など28項目です。

昨年度も要望したことはさらりと話し、
あらたな要望項目を中心に説明しました。

国保税の試算を早く発表し、値上げとならないように対策をとってほしいこと。
保育園の待機児童はゼロではなく、実態把握と対策をとってほしいこと。
県の関連団体の非正規雇用者が4月施行の無期雇用権取得のために雇止めなどしないように徹底してほしいこと。
高知県で耐震補強工事が山梨県の2倍3倍にも上っている。耐震補強工事への補助金を増やして。
リニア駅周辺整備やスタジアムの費用や収支予測をしめして。
北富士演習場でのオスプレイの飛行禁止など求めました。

年末の記者会見で配布された「ダイナミックやまなしの成果」も参考に
「この成果の中にはリニア駅のことやスタジアムのことは書かれていないのでこれから見直しもあることかと思いますが」
と、ちょっと刺激的な前置きもしたのですが、
知事はその点には触れず、また怒ることもなく、
「予算編成の最終版です。要望されたことについては検討させてほしい」と述べました。

私にも「一言どうですか」と知事から促されましだか、昨年のようなことになったらマズイと思い、発言を控えました。
議会ではきびしく追及しますが、こういう場ではにこやかに対応するのが当たり前なので、
静かに、穏やかに、知事の話を聞いていました。

毎年恒例の知事への要望書提出と懇談も、10年たちます。
知事と共産党が会うことは「慣例」で認められていなかった時代がありました。

でも今では、毎年こういう機会をもうけていただいています。
公平公正な県政運営をこういう場でも確認しています。


後藤知事任期最後の予算編成です。
要望した事項が少しでも盛り込まれることをすごーく期待しています。
posted by こごし智子 at 14:00| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

新しい年がスタートしました。

新しい年も5日を過ぎ、活動モードになりました。
1年前は議会基本条例の論議をしていました。
1年たったら議長は3人目となりました。
あと一年後には知事選の真っ最中です。
今年1年が県政、県議会にとって、とても大事な1年になります。

知事が年末の記者会見で「加速する!ダイナミックやまなし2017」と県政の「成果」を資料としてお配りしましたとあったけれど、記者にだけ配布したようなので、取り寄せてみた。

これでもかというくらい、知事の「成果」がすらりと14項目びっしり書かれていた。
「全国1位」「上昇率」など、
山梨県ってすごいんだあとこれを見ると思う。

同時に
??。むむ?。そうかなあ。
と思う。
「よい数字」をこれほど見せられているのに、この空虚感はなんだろう。
山梨県ってこんなに住みよい??んだった??
現実の県民の思いとかなりかけ離れている「成果」ではないだろうか。
知事自らが「県民に実感が伝わるように」と述べている。

成果として重度障害児の医療費窓口無料復活や中小企業振興条例はない。

リンケージ人口やスタジアムの文言も見当たらない。
国保や介護など身近な問題も見当たらない。
こどもの貧困対策はどうだろうか。

「成果」を県民が実感できないのは、県民の暮らしにしっかり向き合っているかどうかではないだろうか。
9日に日本共産党山梨県委員会が来年度予算要望書を知事に提出します。
posted by こごし智子 at 01:25| Comment(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする