2020年02月21日

山梨県はただちに新型コロナウイルス対策本部の設置を

山梨県は新型コロナウイルス対策本部をまだ設置していないのです。
もう、気が気じゃありません。

昨日、富士山フェスタの中止の連絡をいただいたので、対策本部の設置をと要請しました。
「患者が県内で発生してないから」では後手になります。
患者が発生してない県でもすでに設置している県が大半です。

「庁内で連絡取り合っているから」と言っても県民には伝わりません。
いつ、山梨県でも患者が発生してもおかしくありません。

電話相談を平日の5時まででなく、24時間に。
医療機関に患者が殺到して、院内感染とならないように迅速な対応を。
重症患者に迅速に適切に治療できるように。
マスクや防護服、消毒品など医療機関や高齢者施設でも不足が心配されている。備蓄や入荷の支援を。
感染症対応医療機関だけでは不足する事態になるかもしれない。医療機関への情報や感染対策の支援を。


どこに相談したらいいかわからない。
入試は?デイサービスは?イベントは?
周知徹底すべきことはいっぱいある。
ホームページを見てくださいではなく、最新情報を迅速に丁寧な情報発信を。

感染力は強いけれど、比較的軽症が多いとも言われているが、
高齢者や持病がある方などに重症化させない、機敏な取り組みが必要だ。

直ちに、対策本部を立ち上げ、県民に最新情報を丁寧に伝えることを求めます。
posted by こごし智子 at 18:20| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

2月県議会始まりました。

始まりました。
長崎知事2年目の予算議会です。

開会日の所信表明は自信満々の「長崎知事らしい」ものでした。

「国、他県、そして諸外国と新たな関係構築を進める中で、山梨県のプレゼンスを高める努力を精力的にしてきた」
「後世からみて、私の知事就任在任期間が、山梨再生に向けて動き出したターニングポイントであったと御評価をいただけるよう」

県民ではなく、「外部」の方との関係を高めたのです。
山梨県は再生すべき状況だった。
そこから、大きく変わるくらい、県政史上に名を残すことになりたい。

ってことですよね。
安倍首相とかなり通ずるところがあると思いました。

防災・減災の公共事業と教育・子育て環境に力を入れたそうです。
25人学級や学びの環境整備を「積極的投資」とし、人材の育成につながること、子育て世帯の移住・定住促進効果と考えている。

教育が「投資」「人材」「移住促進」という言葉で語られることに違和感を感じます。
経済的余裕のない状態に置かれている子どもたちの支援としていくつか述べられましたが、
全国ワースト3位の助成額の妊婦健診や「待機児童ゼロ」といい続けていること。
すべてのこどもたちへの経済支援への視点がない。
こどもの貧困についてどう考えているのだろう。

リニアビジョンとそこに連動する成長産業
オリンピック、国際交流、山梨ブラントのプロモーションと続く。

「福祉」というワードは出てこない。
まったく眼中にないのだろうか。
ジェンター平等もない。SDGsもない。気候変動もない。
山梨県を稼ぐ。
山梨県が儲かることが山梨県のプレゼンスを高めるということなのか。

新型コロナウィルスも観光や産業への影響について述べてはいるが、感染拡大への医療体制の整備についてはない。

積極型予算の中心は公共事業。
「有利な国制度の積極的活用」で財源確保するとしているが、不安がある。
国の財政はどうなっているか。どうなっていくのか。

消費税増税からの3か月のGDPはマイナス。年率換算でマイナス6.3と予想以上のマイナス。
年明けからの新型コロナウィルスはいつ終息するのか不透明な状況。
おそらく1月からの3か月もマイナスになるのではないか。

消費税、米中の貿易摩擦、さらに今回の新型コロナウイルス。
日本も山梨も先行きはかなりの不透明感が漂う。
くらしや福祉、子育て、県民のくらしを直接応援する方向に今こそ向かうべきではないか。
posted by こごし智子 at 01:00| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

山梨県主催の行事をなぜ東京の自民党本部でやるのですか。

「なんで自民党でやるの?」「だって税金じゃん」「桜見る会と同じじゃん」
「そんなのおかしいよ」
概要を説明すると大半の方から「そんなのおかしいよ」と声をかけられた。

山梨県主催の公式行事をなぜ東京の自民党本部でやるのか。
一般の人は入れません。
自民党本部の会議室。
玄関前での物産品フェアとは違うのです。

2月6日木曜日
山梨県のブランド魚「富士の介」と県産酒、県産果実を使ったスィーツを楽しむ会を
山梨県主催で
東京の自民党本部の9階で、
後援は自民党本部
協力は自民党山梨県支部連合会。
県議会議員にも出席をと案内が来た。
県の公式行事なので、共産党の私にも案内がきて、
びっくり。
なんで自民党本部でやるの?
富士の介のピーアールは必要。どんどんやるよ。
でもなんで県議がわさわざ東京の自民党本部に行くの?
議会バスでいく。公式行事だから。公用バス。
税金ってことだ。

山梨県選出の国会議員も呼ばれたのは自民党議員だけ、野党の国会議員は声もかからない。
関係省庁の方がくるというのも「自民党さんのルートから声をかけてもらっている」
「自民党本部にいる皆さんが試食していただけたら」と。
誰が来るのか、しっかりとつかんでいないらしい。
自民党が声をかけているから。

税金です。
県の公式行事を特定政党の会議室で開催することは行政の公立性に反する。
自民党本部での開催の中止と会場変更を県に申し入れに行きました。

しかし、担当課は
「秋の自民党本部前での物産フェアが台風で中止になったので」
「自民党本部なので、他の政党の方は来にくいだろうかと。建物の中なので、一般の方は入ってもらうと(セキュリティ)と困るだろうから」「自民党の皆さんにさまざまな方面にひろげてもらえるかと思います」

ピーアールの場として最適と言いたいようだ。
「何か問題でもあるのですか」と言いたいようだ。
まったく、少しも、「県の主催で自民党本部で、特定の人しか呼ばないのはまずいかなあ」
とは思っていないようだった。
「ピーアールするのがなぜいけないのか」と言いたいようだった。
「お金もそんなにかかっていません。調理してもらう謝金くらいです」
いやいや、職員だって行く。
議会の公用バス。
食材費だってかかる。(県が提供したり、業者が提供していたとしても)

山梨県のブランド魚のイメージアップ。ピーアールはどんどんしてほしい。やるべき。
やる場所が問題だと言っているのですよ。
会場変更したら、自民党国会議員だけでなく、野党議員はもちろん、一般の方にも参加できる方が広くピーアールできる。
「共産党さんも呼んでいただければ行きますよ」
共産党がやるとしたら、山梨県主催でなく、共産党主催だろう。
なぜ今回は自民党主催でなく、山梨県主催なのか。

メニューもちょっと変更になった。
「トルコ産ドライフルーツの磯辺揚げ富士の介巻き」が追加された。
なんでトルコ?
「自民党さんの関係なので、まったくわかりません。」
何から何まで自民党主導なのか。

富士の介は刺身や天ぷら揚げ物、御寿司。
その料理に合うとした、山梨県の有名なお酒やワイン。
デザートはぶどうとジャバラなどを使ったケーキ・ムース。
会場内ではワインや日本酒の販売もあるそうだ。

山梨県の長崎知事は自民党籍です。
山梨県の東京事務所で執務することも多いようです。
リニアや富士山登山鉄道の会議は東京でやってます。
東京事務所は自民党本部から数分だそうです。




posted by こごし智子 at 01:32| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする