2020年08月26日

完全歩合制のタクシー運転手 コロナで月収3万、5万   雇用調整助成金ももらえず。 県に要請

コロナでタクシーの運転手さんの月収が3万、5万。
とても暮らしていけません。
タクシー労働者が県に補てんを求め、業界に指導を要請しました。私も同席しました。
コロナ禍のタクシー運転手の給料についてアンケートをとり、要請となりました。

そもそもタクシー労働者の賃金体系が、かなり違います。
完全歩合制です。

歩合制というと、基本給にプラス、売り上げに応じて給料が支払われるとおもっていたら、まったく違います。
会社によって割合は違うそうですが、ある会社は売り上げの半分。またある会社は35%しか手元に支払われないとか。
売り上げの完全歩合制は走行距離が長くて一日5万売り上げがあれば25000円は会社。残りが自分の収入。
景気の良い時は、完全歩合制は走れば走るほど給料が増える。
でも、コロナでお客さんが激減。4月には3万円しか給料がなかったというアンケート結果に納得するとともに、
これじゃあ、こどものお年玉より少ない。

コロナで労働者の給料を支援する、雇用調整助成金という制度がありますが、休業しないと対象になりません。
タクシー会社は売り上げが減るから運転手に休業としません。
だから雇用調整助成金もらえないのです。
仕事しているのに、給料激減。休業もできない。

「2時間ずっと待っているだけ。」
「コロナで4人やめた。食べていけない」
「お客さんが増える見込みがない」

バスやタクシーの公共交通政策を担当する、リニア局交通政策課が対応しました。
「雇用調整助成金を使って」「労働局の管轄」「県も財政難なので休業補填できない」「関係部局と情報共有する」
ありきたりの、国会答弁のように、読み上げただけです。

ある運転手さんからは
「感染防止のパーテーションもつけてくれない。消毒品は自分持ち。感染不安も自分でやっているので、お金がかかる」と実態告発。

県が感染防止の助成金出しているはずなのに、運転手さん持ちとは。
県はしっかり把握しているのか。業界を指導しているのか。

雇用は労働局、他の部局と言うが、タクシー業界の管轄課として、雇用調整助成金もらえるよう、休業をタクシー会社に指導せよ。

もうひとつ、今回は触れられていませんが、大きな問題は、最賃をかなり下回っているということ。
「乗車まで2時間以上まって、ようやくお客さんが乗る。毎日16時間もまつ。昼飯代が稼げるかどうか」
手取り3万や5万で、拘束時間が16時間としたら、明らかに、大幅に、とんでもなく、最賃を下回っている。
山梨県は最賃837円。

完全歩合制のタクシー労働者の問題は全国共通の問題だとも思います。
コロナでもっとも弱い立場の方への支援が今一番やるべきことだど改めて思います。
posted by こごし智子 at 19:33| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

議会の説明と違う。

ちょっと、かなり怒っています。
議会での説明と実際の事業執行が違うなんて、どういうことか。

6月補正で3億円が計上された
「GoToキャンペーン」と連動し、本県の魅力ある観光資源を生かした付加価値の高い滞在型旅行商品の販売を通じて誘客を促進する「県内観光産業反転攻勢支援事業費」

県内の観光事業者さんから電話があった。
「県のホームページを見るとこの事業は県内旅行業者は使えないようなんですが、5000円の補助があるんじゃなかったのですか?
 ホテルが対象ってなってますけど、どういうことですか?あてにしていたのに、これじゃ県内業者はどうなるんですか」と。

えっ?
旅行業者に補助だったはずだけど。
大手だけじゃなく、地元の業者にまわるようにと常任委員会でも質問したけれど、

6月補正予算の概要、予算説明書を見ると事業内容は
「販売した旅行事業者等に対して一人泊あたり最大5000円の支援」と書かれています。

素直に解釈すれば、販売した旅行業者とはホテルじゃなくて、観光業者だと思う。
しかし
ホームページにはグリーンゾーン認証の宿泊施設に5000円とある。
どういうこと?

担当課に聞くと
「旅行事業者等とありますよね、等は宿泊業ですから」

「販売した旅行事業者」が主じゃないのですか?」
「議会での説明と違うじゃありませんか」
「地元の旅行業者に支援と質問もしたのに、どういうことですか」

「6月補正の時はGoToもしっかり固まっていなかったらです」と返答していますが、
やっぱり納得いかない。
議会の説明と違って、訂正もなく、3億円も進めるってどういうことなのか。

GoToは最大14000円の割引
さらに県から5000円の割引。
割引き率が高いから、普段は泊まれない高級旅館に行きたくなるのは当然。

小さな観光業者でなく、大手旅行業者に配分が多いと言われているGoToトラベル。
ホテルも大手、業者も大手に集中している。

議会の説明と違う。
「話が違うぞ」
posted by こごし智子 at 18:37| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

世界遺産の富士山に 環境にやさしい電気バス 素敵です。

富士急バスが導入した、電気バス。
路線バスとして走っています。

毎日、決まった路線ではないそうです。
昨日は富士山駅、河口湖駅、富士山パーキング、そして5合目までを走っている電気バスに乗りました。
料金は変わりありません。

5合目にいく道はスバルラインです。
急勾配、急カーブも難なく、走っていきます。
スピードは落ちません。
加速も、減速もスムーズです。

しかも静かです。
窓も大きく、視界が広い。
普通のバスよりも乗り心地が良いくらいでした。
登山鉄道建設よりも環境にやさしいバスで十分だと思いました。

その後、富士急バスの本社をお訪ねし、電気バスの導入の経過や今後の方向についてお話を聞きました。
丁寧にご説明いただきました。

夜充電して、朝から走れる。
250キロ走行できるそうです。
5合目まで3往復しても、らくらく。東京との往復もできるくらい。
従来の燃料よりも電気の方が経費が安いのだそうです。
運転手さんも、電気バスの方が運転しやすいくらいだそうです。
国からの補助金も使い、車両3台と充電機3台分を整備したそうです。
(補助対象は2台分)

なぜ電気バスなのかとお聞きすると、
富士北麓地域として、富士山の環境を守ることを従来から進めてきたそうです。
これまでも環境にやさしい車両をもとめ、ハイブリット車両に切り替えてきたそうです。
そして、今回の電気バス。
さらに環境にやさしいバスです。

世界遺産の富士山に電気バスが走る。
富士山の環境保護の立場からしてもやさしいバスです。
富士山を背に電気バスが走るのです。
素敵です。


会社として利益を上げることが求められます。
しかし、
利潤追求だけでなく、将来にわたって、富士山の環境を守ろうと考えていることに、感動しました。
電気バスや燃料電地バスの普及に期待します。
環境破壊しての公共事業よりも、環境にやさしい方策を選択していくことだと思います。




posted by こごし智子 at 22:36| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

年度途中に保育園に入れない。 待機児童はゼロではありません。

保育園待機児童を考える会のみなさんと、山梨県に要請に行きました。
山梨県が言い続けている「待機児童はゼロ」に違和感をずっと感じています。

会の皆さんが100人を超える保護者からアンケートをとり、
希望の保育園に入れない。
年度途中の入園が難しい。
保育士さんを増やして。
実態調査をしてほしい。
要望しました。

参加した方から
「保育園に3人のこどもを預けている。3人目の時、上のこどもと同じ保育園はいっぱいで、他の保育園を紹介された。
 きょうだい別々の保育園に預けること。二つの保育園と職場に通うのに、一時間半かかることになる。一時預かりを利用すると一か月25000円かかる。もう絶望でした」
「保育園申請時の点数が高かったので、必ず入れると思ったら、入れなかった」
「申請受付の時、こども(乳児)を母に預けて、朝7時半に市役所に並んだ。入れたからよかったけれど、もし入れなかったら」

参加できなかった方からメールで届いた声も紹介されました。
「申請時に第8希望まで書かないと受け付けてくれない。でも第8希望の保育園になんてとても通えない」
「第1希望に入れなかった。他の園を紹介されたけれど、保育料や給食費が無料となっても諸経費がかかる。職場と保育園がまったく違う方向。
 保育園を選ぶことがわがままだと言われることが辛い。選ばざるを得ないことを知ってほしい」

「待機児童ゼロではない。私は、この子は待機児童です。
希望する保育園に入れないから、諦めて申請しないから、待機児童ゼロってことになっているんじゃないですか」
説得力のある、真実に迫る、お母さんの発言です。

要請をうけた担当課から
「待機児童はゼロとしていますが、年度途中に入りにくいことは承知している」
「保育士確保をと処遇改善や、職場のバス見学ツアーなどやっているが、どうすればいいか、対策をもっと考えたい」
と返答がありました。
自治体で差があることも認識していて、今回のアンケートを各市町村にも渡したいというので、ぜひにとお願いしました。

移住促進をすすめる山梨県は「待機児童ゼロ」をウリにしているようですが、実態は違うのです。
正しく、伝えること。待機児童解消に向けて対策をとっていますよ。という方が促進策になると思います。

担当課から課長初め、4人の方が真剣に話を聞いてくれました。
メモをとり、うなづいて聞いていただきました。

「待機児童はゼロです」と紋切り型の回答ではなく、県も苦悩していることが伝わってきました。
それぞれの立場で、ことばを選ばなくてはならないかもしれませんが、
こころを痛め、解決しなければと考えていることは同じです。
誠実に、丁寧に対応していただいた担当課のみなさんに感謝です。

住民と県とのパートナーシップはこういう信頼と誠実さの上に作り上げていくのだと思います。

ありがとうございます。
そして、対策のための予算が進むことを期待します。
posted by こごし智子 at 19:24| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

いつどこで誰が感染してもおかしくない。

新型コロナウイルスは強敵だ。
いつでも、どこでも、誰でも感染する可能性がある。
感染力は強力だ。
島根の高校でのクラスターや沖縄県の急激な拡大など、あっと言う間に広がって行く。
コロナウイルスは甘くない。
どこでどうやって感染したか、追いかけようがない。

感染源はどこかと、犯人捜しのようなことよりも、検査を拡大して、無症状の感染力の強い患者を発見し、保護することが一番だ。
「具合がちょっと悪いかなあ」と思ったら、躊躇なく、検査にいってみようと思ってもらえなければ、検査は進まず、感染拡大するばかりだ。




「休業要請に従わず、マスクもせず、営業続けていた」
「お店の名前を公表する」と言われたら、
熱が出たり、具合が悪くなって、「もしかして」と思っても、
感染したことを非難されるのではないか。
職場に迷惑がかかるのではないか。
と思って、検査を受けずに我慢してしまうかもしれない。
「ちょっと休んでいよう。黙っていよう」という傾向になってしまったら。
心配で仕方ない。

わたしは
「よく検査に行ってくれたね。ありがとう。拡大防止になるよ」と言いたい。


感染拡大防止のために、お店の名前や職場や地域を公表することは県民の不安解消になる。
でも
罰として名前を公表するとなったら。
どう思うだろうか。


いつどこで誰が感染してもおかしくない。
安心して検査をうけてください。
と、私は言いたい。




posted by こごし智子 at 22:12| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする