2012年10月26日

「国はペナルティーをどうするか検討している。」医療費助成の国への交渉で国が回答。

24日、山梨県県民要求実現大運動の政府交渉で厚生労働省担当者が「小宮山前厚生働大臣がペナルティーを課すことに対し、中長期的に検討しているという国会答弁は継続されている」と回答したそうです。

私は24日、所用で参加できなかったのですが、うえむら道隆さんが山梨県の重度心身障害者医療費助成が国のペナルティーを理由に窓口無料を廃止すると山梨県が発表したことにふれ、国の対応をただし、国が回答したのです。

国会では、日本共産党の質問に時の鳩山首相も「ペナルティーについて検討する」と答えています。小宮山大臣も同様に答弁したのであれば、国として、ペナルティーをどうするか検討は続いているのです。

担当者から「進んでいないといわれればそうですが、検討はしています」といわれたそうです。

「県によって窓口無料をしていない県があるため、公平性の観点からペナルティーを課している」というのが理由だそうです、。

では窓口無料をしている自治体と、していない自治体とどういう違いがあるというのですか。
窓口無料をしていると受診率や医療費がべらぼうに増えているという検証があるのですか?

群馬県ではこどもの医療費助成窓口無料で受診率が下がったと群馬県が述べています。
山梨県でも窓口無料にした後、医療費が急増していません。
窓口無料後に医療費が前年より減ったときもあるくらいです。
なにを根拠に窓口無料をすると自治体の医療費負担が増えるなどというのでしょうか。

国もペナルティーを課すことを「良し」とは考えず、なんとか改善したいと考えている。
「調査検討している」とはっきり言ってるのです。
であれば、山梨県が今、窓口無料をやめるなんていうべきではありません。

国にさらに、何度でもペナルティーやめろというのが県のやるべきことです。
「国が言ってるから」とすぐ屈してしまっていいのですか。
「地方主権」(私は国民主権だとおもう)と盛んに叫んでいる知事であれば、山梨県独自のこの制度を維持することこそ「地方主権」じゃありませんか。

福祉やくらしのことになるとすぐ「国がくにが」と言って、逃げてしまうのですか。
道路のことになると「山梨県のために」中部横断道ではあんなにがんばったのに。

全国では国にモノを言う知事が増えています。20121025モミジ.jpg
福島では国に要望したら、やらないと断られ、ならば県独自でと18歳以下の医療費無料を始めました。
こういう気概というか、姿勢が山梨県にはないのですか。

誰のために誰の顔をみて政治をしていくのか問われています。
posted by こごし智子 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299078529
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック