2015年08月21日

11時間ロングラン街頭宣伝 雨の中やりました!

朝、土砂降りの雨。
7時30分集合と車を走らせたけれど、すごい雨。
「どうするの?やるの?雨すごいよ。あがってからにする?」と聞いたら
「雨でもやるの!」と担当のFさんがピシャリと。
ああまずかったと反省。

ホント土砂降りでした。カッパを着てマイクを握ったのは7時45分。
さあ開始です。
降りやまぬ雨でチラシはもちろん、横断幕もびしょ濡れ。
雨でマイクの音もほとんど聞こえないくらい。
通勤人が傘でも濡れながら「何してるの?」とみていく。

でも
「雨でもやるの!あめでもやらなきゃいけないの!」の決意の声を思い出し、話し続けました。
しだいに小雨になり、宣伝参加者も増えてきました。
靴は雨でぐちょぐちょ。
小雨でようやく体制を立て直し、署名版やチラシもぬれなくなりさらにバージョンアップ。
つぎつぎと参加者が入れ替わりマイクを持ちました。

地元の民放が取材に来て雨の中の宣伝がお昼、夕方にも放送されました。
私は甲府市の戦没者慰霊祭で中抜けして夕方再び参加。
朝より格段にひとが増え、にぎやかになっていました。

マイクをにぎった人は40人。
みんな自分のことばで話すのです。
原稿を用意してきた人も何人もいました。
原稿なしでよどみなく話す人も。

すごいなあ。これこそ民主主義を体感。

夕方総かがり行動の方ともコラボして6時30分に11時間ロング宣伝を終えました。
「雨でもやるの!」と私を一喝してくれたFさんは11時間ずっと甲府駅で雨の中もたち続けてくれました。

総勢100人余りが参加しました。
疲れたけれど、こんなに自分のことばを持っている人がいます。
必ず廃案に出来ると私はあらためて実感しました。
戦争するな。
誰一人戦場にはおくらせないぞ!!


戦没者慰霊祭で7人が来賓あいさつしました。
「二度とあやまちをくり返さないために」と言ったかたもいれば
「お国のために感謝申し上げます」といったのは自民党の国会議員。

お国のために戦死したことに「感謝」する??
何かことばが違うとおもいますが。
20150820ツユクサ.jpg
posted by こごし智子 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック