2015年09月17日

採決は認められません! 強行は許しません!

怒りの塊です。
これが国会か!良識の府といわれる参議院か!恥ずかしくないか!

とても採決したとは言えない。
何度見ても、採決したなんて誰が認められますか!
小池晃議員によると委員会の速記録には聴取不能ですって。採決とかまして可決なんて速記録にはかかれていないんです。
採決は無効です。
審議を委員会に差し戻すことを要求しました。

強行、しかも暴力ともいえる、無茶苦茶なやり方です。
与党は民主主義って知らないんですね。
数でしか自分たちの考えを押し付けられないんですね。
愚かです。
国会議員ですか!

憲法違反の法律を国会が勝手に作った。
認められません。

国会の外と国会の論理があまりに乖離している。
どちらが道理があるかは言わずもがな。


今朝、お昼、夕方。甲府駅前で抗議の街頭宣伝を市民のみなさんといっしょにやりました。
一日中雨です。
傘だけではぬれてしまうくらいです。
朝より昼、昼より夕方と参加者がふえてきました。
夕方には民主・共産・社民の野党3党もあいさつ。雨降りしきる中300人以上が参加したと思われます。
この集会のその向こうでは若者とママの会が同時に街頭から訴え。
こちらも100人以上いました。
甲府駅前がすごいことになりました。

プラカードをもっている人だけが参加者ではなく、じっとただひたすら立ち続けているひとが何人もいるのです。
これまでの集会でお見かけしたことがない人が何人もいるのです。

そのうちの一人のかた。
「これはずっと続くよ。これからだよ。忘れないからね。来年の参議院選挙もあるからね」と。

あきらめません。
忘れません。
立ち続けます。

日本国憲法は主権在民、基本的人権の尊重、戦争放棄を3原則にしています。
日本国憲法はなんらかわっていません。
私たちは民主主義の実践者です。

与党のみなさんは民主主義をしらないようですが、国会の外にいる私たちはさらに民主主義を大きく、強くしました。
負けません。
明日のあさ、昼、夕方もやります。

posted by こごし智子 at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連投ご容赦
先のコメントで言及した参院規則については、参院サイトを探して確認できました。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/aramashi/houki/kisoku.html
参議院規則(第8章会議 第6節表決)
第137条 議長は、表決を採ろうとするときは、問題を可とする者を起立させ、その起立者の多少を認定して、その可否の結果を宣告する。
 議長が起立者の多少を認定し難いとき、又は議長の宣告に対し出席議員の五分の一以上から異議を申し立てたときは、議長は、記名投票又は押しボタン式投票により表決を採らなければならない。
------------
議長が起立者の多少を認定すると決められていました。
安保法案本会議採決の前に鴻池委員長を証人尋問できる国会委員会があるとよいのですが、自分にはわかりません。
Posted by ictkofu at 2015年09月18日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426257791
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック