2015年09月20日

戦争法廃止のために国民連合政府の実現をよびかけます。

「共産党はすごい」「共産党は本気だ」「ぜひそうなってほしい」

日本共産党は戦争法を廃止させるために国民連合政府をつくろうと呼びかけた。
安倍政権を退陣させる。
戦争法を廃止させるために暫定の国民連合政府をつくる。
そのために選挙協力についても検討する。
画期的、日本共産党の歴史始まって以来の英断。
大歓迎されている。

戦争法案が成立してしまったが、あきらめない。なんとか廃止させたい。
多くの方が思っている。
それにはどうしたらいいか。

国会前、全国各地での集会やパレード。
「これまでこういうところには来たことことがない」という「ふつう」のひとがこのまま黙っていられないと集まった。
なんとしても戦争する国はやめて。立憲主義を守れ。と広がった。

強行採決されそうだという時に国会前では「野党がんばれ、野党頑張れ」「選挙に行こう。選挙に行こう」というコールも増えてきた。
野党が結束して戦争法案、廃案にしてくれという思いがヒシヒシと伝わってきた。
こうした声に押されて、支えられて最後まで野党5党頑張った。

成立してしまったが、なんとか廃止させたい。
それには選挙で戦争法反対勢力が多数を占めて戦争法を廃止し、閣議決定を撤回させなくてはならない。
それにはどうするか。
それが共産党の提案なのだ。


ぜひ野党が固まってほしい。
自民党公明党をやっつけてほしい。 
廃止にさせるにはこれしかない。
ぜひともそうしてほしい。

きょうお伺いしたお宅ではこの提案が大歓迎だという。

私も街頭からの演説を少しずつ変えてきた「野党5党ちからを合わせて最後まで頑張ります」を強調してきた。
国会はもとより、山梨県内でも民主維新共産社民と最後までいっしょに戦った。
私も民主党の集会や社民系の集会にも行ってあいさつした。
民主党や社民党も私たちの要請にこたえてくれた。
3党そろってあいさつしたことが何回もあった。

「野党がんばれ」の声に押されて野党は最後まで結束した。
 戦争法廃止しての声が大きくなっている時に野党は結束していかなければならない。
共産党の投げたボールを4党はキャッチしてくれるか。
よそ見しているか。
とれないフリをするのか。
速球、直球なので、みえないか。

この提案はそう簡単に結実するものではないとは思う。
でも廃止できる可能性は十分にある。
国民の願いに応えるために4党はぜひキャッチしてほしい。

また4党がしっかりボールをキャッチするかどうかは「野党がんばれ」「選挙に行こう」「戦争法廃止に」の世論が高まれば4党も動かざるをえない。

政治を動かすのはひとりひとりの力。

戦争法廃止するために国民連合政府の実現をみなさんに呼びかけます。
posted by こごし智子 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック