2015年11月28日

12月3日から県議会始まります。

12月議会が3日から始まります。
今回は、私は質問見送りです。
「本会議での質問は年に2回まで」というしばりは悔しいですね。
共産党議員が複数いれば、毎回の議会で共産党の質問ができるのに。

今議会には後藤県政の総合計画案がだされます。
平成31年までの県政の最上位の計画です。

これまで人口ビジョンやまち、ひと、しごと総合戦略の発表があり、総合計画もこれらの計画を踏襲しています。
数値目標もあります。
平成31年には合計特殊出生率を1.6にするとあります。


どうやって1.6にするのでしょうかね。
その政策らしきものはないのです。
現在1.43です。
あと4年で1.6にするには、もうしゃかりき、ありとあらゆる政策をただちにうたないと到底無理だと思います。

後藤県政はこれまでも
「100万人は定住人口ではない」と公約を簡単に修正したし、

高専設置が検討委員会では工業系高校の専攻科設置の方向が出されきたら、知事は
「公約は高専ありきではない」と言い出したりしている。

知事選公約の100万人構想は5か月で修正した。
高専も後藤県政のめだま公約のひとつだった。
これもまた「言ってない」というのか?


巨額の重粒子線治療施設も天守閣も公約だったと思うが、いつのまにか「言ってない」といいだすかもしれない。
1.6も「目標ですから」というかもしれない。

巨額をかけて効果も不確かな高専設置や重粒子線治療施設、歴史で確認されていない天守閣などありえない。
これら知事のめだま公約に対して私は2月議会、6月議会でかなり厳しく追及した。
指摘したとおりに公約は破たんしていくのではないかと改めて思う。

「検討したらやっぱりできません」と認めればいいのに、どうして言い訳するのかなあ。
なあんか。ちょっと。ねえ。


安倍首相の1億総活躍対策で、介護、保育で100万人増と言い出しているけれど、どうやってやるの??
根拠と財源をしめして、具体的にどうやるのか国民に示せ。20151119サザンカ.jpg

後藤県政の1.6という数字も安倍首相と似ている気がします。




posted by こごし智子 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430401666
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック