2016年01月29日

いろいろ経過ありまして、今回は副知事と懇談することになりました。

さまざま、いろいろ、ありましたが、
知事との懇談は2月2日に副知事とあうことになりました。

28日、再び、県職員のかたが共産党県委員会に来られて、経過の説明と知事はもう日程がつまっているので副知事で対応したいと申し出があり、副知事と会うことを決めました。

知事と直接会えないのは、「まことに遺憾」です。
来年度はこのようなことはないですよね。と念を押しました。
まさか、こんなひどい対応をこれからも続けることはないと思います。思いたいです。

どうしてこうなったのか、理解できない点がたたあります。
前日の突然のキャンセル。
理由も明らかにいまだならない。
重要人物と会うか、先客の共産党と会うかを天秤にかけて、「重要人物」なる方を選んだのはなぜか。
誰がその判断をしたのか。
さっぱりわかりません。
「共産党を軽くみているのか」「約束を守れないのか」「県民にもこういう態度なのか」といいたい。

真相はあきらかにならないでしょうが、毎度毎度、最前線の職員に聞いても「もうしわけありません」としか言わないのですから。

まじめで、公平な職員の方は決して共産党を軽く見たとは私は思いません。
しっかり、日程調整もされたと思います。
その中で、苦渋の対応というか、かわいそうな役をしていたというか。

誰かの判断で非常識な対応になったのでしょう。
その判断は、私の窓口になっていた職員の方々ではないと思いますし、板挟みになっていたのかもしれませんね。

もっと、オープンな、誰もが自由に話せる、知事室になってほしいです。
県民の声に、県民、誰でも知事と話せるくらいの懐のふかさ、広さが必要だと思います。
本当の重要人物とは県民のはずです。
人の顔をみて、名前をみて、区別したり、差をつけたりしてはなりません。
みんな公平に、ひとしく、ひろく声をきくことこそ、開かれた県政です。
特定の「重要人物」だけをみていたら、県民は離れていきますよ。


今回の分もうーんと踏まえて
2月議会がんはります。20160120シジュウカラ.jpg
posted by こごし智子 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433126144
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック