2016年03月22日

いくらかけるのですか?総合球技場  予算委員会で質問しました。

リニア環境未来都市に位置付けられるのが、総合球技場です。
でも、リニア環境未来都市とはどういうものかは検討委員会中なのです。
でも、知事は「整備を前提に検討する」「リニア駅周辺から小瀬にかけて」とかなり具体的にのべているのです。

甲府にはサッカーチーム、J1のヴァンフォーレ甲府があります。
わがヴァンフォーレのために専用の球技場がほしい。
きれいで新しいピッチですぐ目の前の選手をみたい。

この気持ちはわかる。
とてもわかる。

でも、慎重に考えるべきです。
総合球技場はいくらかかるかです。
予算委員会で質問しました。

巨額がかかります。
建設費、維持管理費、周辺の道路や駐車場整備もかかる。
稼働率は低い。全部明確にして、県民にどうしましょうかと問うのがまず必要ではないでしょうか。
整備ありき、建設ありきで進めるのは心配です。

建設費用含めて、上限はいくらまでとか示すことも必要です。
国立競技場みたいなことになったら困ります。

リニア駅周辺といえば、現在の小瀬競技場のすぐ近くになります。
近接地にふたつのピッチ??
でも小瀬球技場をつぶしたら陸上競技ができなくなる。
じゃあどうする??
現在の小瀬球技場はどうするのかも気がかりなのです。

さらに射撃場の整備についても検討を始めるとか。
国体にそなえて古くなったプールの改修も必要だとか。
こういうもの全部やるのですか。
いくらかけるのですか。
優先順位はあるのですか。

質問したのですけど、「小瀬球技場も順次整備、改修していきます」なんて答弁でした。

さらにこのような巨額をかけるスポーツ施設の検討がある中、中高校生や社会体育の補助金が軒並み減らされているのです。
経常経費マイナス10%シーリングからなのでしょうか。

誰でも、こどもたちも生涯にわたってスポーツに親しめる整備こそ優先すべきだと思います。


リニアの駅近くにサッカー場をつくれば、お客さんがたくさん来る。ということのようです。
一時間に1本しか上下便ともリニアは止まらないのですけどね。
その時だけ、どどどっーとリニア甲府駅に降りる??
駅員さんもいない、切符売り場もなくて大丈夫かしら??
20160323モズ.jpg
posted by こごし智子 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック