2016年03月28日

県教育委員会に要請   就学援助の充実のために県は補助を

「流会」の話からガラリと変わり、就学援助のことです。

25日、新日本婦人の会の皆さんと県教育委員会に就学援助の件で要望に行きました。

4月入学時にはお金がかかります。
小学校でもランドセルや体育着など、中学校なら制服や体育着や場合によっては自転車も。
10万近くかかります。
就学援助の入学準備金がありますが、支給されるのは7月とか8月。
一番お金がかかる入学準備のときに支給してほしい。
就学援助の入学準備金支給を3月にしてほしいと要請しました。

全国的には3月支給としている市町村もあります。
甲府市でも今は7月支給ですが、来年は中学は3月支給にするそうです。

就学援助をうけられる基準も低すぎます。
市町村ごとにその基準が違います。
周知の方法も違います。
就学援助の対象なのに生徒が受けられないようなことになっていないか。

就学援助の金額が少なすぎます。
国で支給してよいというPTA会費などを支給の対象外としている自治体が多いのです。

入学準備金も中学校で24000円ほど。
制服が3万(夏服は別)円もします。
とてもこの金額では入学準備ができません。

県は市町村任せにせず、就学援助の充実のために補助を出してほしいと思います。
就学援助は市町村の仕事だと県が言ってる場合ではありません。

就学援助の財源が国の負担から、一般財源化されてから市町村の財政負担はますます大変になっています。
一般財源、すなわち「財源は地方交付税で措置されています」とかわりました。
地方交付税は何に使ってもいいのです。
だから就学援助よりも他の政策にまわってしまうこともあります。

保育料第2子以上無料にしたように、県が市町村に補助金出して就学援助の充実をと要望しました。
20160303ツグミ.jpg
posted by こごし智子 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435828497
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック