2016年05月09日

10日は県議海外視察 住民訴訟の証人尋問です。

「山梨県議会の県議の海外視察は観光旅行だ。返還を」と住民訴訟が起きています。
10日には前県議含めて3人の証人尋問があります。

山梨県議会の海外視察については「観光旅行であり、全額返還」という最高裁での確定がありました。
これで税金使った海外視察は終わったかと思っている方もいるかもしれませんが、まだ行っているのです。

今回の訴訟は前回の裁判中に行っているのです。
行程表には「市内視察」という内容不明の視察が何か所もあります。

パリ市内視察の中に世界遺産、フランスの代表的観光地のモンサンミッシェルも含まれていました。
海に浮かぶ世界遺産。
何のために視察したのでしょうか。
議会活動にどう活かしてのでしょうか。

前回の最高裁確定後も「萎縮することはない。どんどん行こう」と言っていたのは当時の自民党最大会派の代表者。
反省していないようです。

税金使っての観光旅行は許さない。
市民のみなさんといっしょに裁判に大注目です。
20160411シャガ.jpg


posted by こごし智子 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック