2016年05月12日

産前産後ケアセンターを見学しました。

気になっていた、山梨県の産前産後ケアセンターを甲府市議の木内直子さんといっしょに見てきました。
女性議員として、見ておきたかったのです。
オープンから3か月が過ぎ、課題も見えてきたのではないかとこの時期となりました。

きれいな施設でした。
ゆったりしたお風呂、安心してくつろげるお部屋。
そしてあたたかい助産師さん。
こういう場所を欲しているなあと思いました。

案内してくれた助産師さんが言ってました。
「おかあさんはまじめで、かんばっちゃうんです。」「リラックスできるように。そのままでいいんだよって」

初めておかあさんになって、どうやっていいかわからない。
うまくいってない気がする。
うちの子だけ違うんじゃないか。
不安で不安で、でもどうしていいかわからない。
「外野」からいろいろ言われてもどうしていいかわからない。
「いいんだよ、それでいいの」と言われてどれほと救われたか。(実感こもってる!)

センターの姿勢として「これが正しい」ではなく、お母さんによりそって「うんうん、それでいいんだよ」という姿勢にほっとしました。これぞプロだと思いました。安心しました。

たくさんの方に利用してほしいです。
ほっとできる、話を聞いてくれるお守りみたいな場所になってほしいです。

課題は利用者をどうやって増やすか。
利用料金をもっと安くできないか。
利用手続きを簡易にできないか。

県が率先して作った施設だけど、県直営ではない。委託施設。
県からの助成金をもっと厚くしてほしい。
せっかくよい施設ができたのに、財政上から利用しにくいことがないように。

「たくさんの方にこういう場所があると知ってほしい」とお話しされました。
女性の方に、女性議員の方にみてほしいです。と言われました。

県議会で女性議員は私ひとり。
しっかり発信したいと思います。
20160421イカリソウ.jpg20160427タンポポ.jpg
posted by こごし智子 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437810859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック