2016年09月03日

就学援助の拡大を 給食代補助を 

こどもの貧困のひとつの指標でもある就学援助率。
山梨県は10%台で全国が15%と比べると低い。
甲府市に就学援助の対象を広げるようにと新日本婦人の会のみなさんと要請に行きました。

実は甲府市は就学援助の入学準備金をこれまでの7月支給から3月支給に変えました。
中学校だけでなく、小学校の入学準備金も3月支給というのは全国でも珍しい先駆的な取り組みです。
まず、この実現を高く評価しました。
担当部長は
「わたしたちでできることがあればやりたい。職員の手間がちょっとかかるかもしれないが、それで少しでも子どもたちが救われるというならば」と述べました。

担当課長の「なぜ全国よりも低いのか、まだわかりませんが、生活保護の世帯は増えています。」のことばがとても気になりました。
生活保護基準が切り下げられていても、受給者が増えている。
ということは貧困がかなり広がっていることだと思いました。

給食代の補助についても要請しました。
滋賀県長浜市では小学校の給食代を無料にしたと聞きました。
所得制限ではなく、すべてのこどもたちに無料にしたというのです。
相対的貧困も広がる中、特定のこどもだけを対象にするよりもすべてのこども対象の方が事務的にも合理的であり、
こどもたちにとっても、すっきりしたものになります。

甲府市の財政事情は分かります。
であれは県や国がもっと財源をだしてくれれば、甲府も検討ができるのではないか。

保育料第二子無料にしたように、山梨県がもっと貧困対策にのりだすべきです。
posted by こごし智子 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441591817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック