2016年11月14日

福祉とリニア

決算委員会総括審査が終了しました。
正直言って、疲れました。
毎回、毎日、質問するためには相応の準備が必要です。
質問時間の何倍も準備が必要なので、部局審査6日間、総括審査4日間は大変でした。

決算審査では改めて後藤県政の1年目の問題を指摘しました。
総括審査で判明したことの一つは
公共施設建設のための基金を64億円積み増しして、総額255億円にもなった。
何のために積んでいるのかと質問したら
「リニア駅周辺整備や、発達障害の治療施設などのプロジェクトに備えてでございます」と財政課長が答弁した。

「えっ。今、リニアって言ったよね」と小さく叫んでしまいました。(誰にも聞こえないうに)
これまで「リニア駅周辺のために」とはどこでも回答していなかったのです。

やっぱりね。
「では、リニア駅周辺整備にいくらかけるのですか?」と聞いたけれど、
「たとえばリニア駅周辺などということでごさいます」と曖昧な答弁で、苦慮してました。

公共施設建設のための基金に255億円、なんにでも使える財政調整基金は260億円。
主要3基金で822億円にもなるんです。
今年「財政が大変だから」と財政調整基金180億円取り崩しています(それでも260億円はある)
今年、取り崩さなくても県政が回っていったら、とりくずし撤回して、半分は財政調整基金に積むことになります。
そうしたら、3基金はいくらになるの??
そのうち1000億円にもなっちゃうのかしら?

山梨県はひとりあたりの基金額は全国3位(平成25年度)
もちすぎですよ。
なんのためにつんでいるの?
こんなにお金あるなら、重度障害者医療費無料もできるし、消えかかっている道路の白線や横断歩道の修繕はどんどんできちゃいます。

福祉削って、リニアのためにお金積んでいるのですか。
リニアのために福祉削っているのですか?

20161109ゆず.JPG
posted by こごし智子 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック