2016年11月29日

一部勝訴 一部棄却の県議海外視察住民訴訟

良かったような、残念のような、なんとも評価しがたい判決でした。
政務調査費(現政務活動費)を使った、県議の海外視察の住民訴訟第2弾の甲府地裁判決は一部は返還せよ。
一部は訴えを棄却でした。

フランスの視察はさすがに観光旅行同然で、世界遺産のモンサンミッシェルに何の目的で行ったのかあいまいのままでした。
「ゴミ問題とか、トイレの問題について、モンサンミッシェルの何が参考になるのですか」の証人訊問での質問に
「モンサンミッシェルにゴミがあったかどうか把握していません」と尋問で答えていたくらいです。
全額返還しても当然です。

他の3件の視察はなぜ棄却なのか。納得いきません。
観光地をめぐっていても、全体として視察であったとしてセーフみたいな判決です。
それじゃあ、なんでもありになってしまうのではないのか。

半分勝ったけれど、半分は納得いかない判決でした。

でも、地裁段階で一部勝訴したのは前回の訴訟とは違います。
「税金使った観光旅行はダメ」が当たり前になってきた。
その先進的判決を勝ち取ったのは、山梨県のこの運動をつくってきた原告の皆さんであり、応援してきた、県民のみなさんの力です。
今回「11人に560万円の返還を」と判決が出たことは運動の大きな成果だと思います。
同時にまだまだ県議の視察とはどうあるべきかが問われ続けていると思います。




政務活動費をめぐっては現在策定中の議会基本条例でも条文に
領収書のホームページでの公開、後払い制、第3者機関のチェックなどを明記すべきだと私も、他の委員からも発言が相次いでいます。

政務活動費は議員の調査研究活動に必要なものです。
お金がある人しか議員になれないのではなく、議員は調査活動をしっかりできるように必要なものです。
政務活動費の使途について、議員の説明責任がとわれます。
今回の判決もうけて
政務活動費の使途の明確化、情報公開、透明性の確保と、
改善が必要だと思います。

posted by こごし智子 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック