2016年12月01日

「議員ファースト」VS「県民ファースト」

あるマスコミの方に言われた
「やあ、小越さんが質問して、委員長が答えて、ああ自民党は県民の声は聞かないってことがよーくわかりましたよ。」
「だから、自民党は自民党として筋がとおっているんですよ。議会のことは議会で決める。少数意見はいらないって筋とおっているんですよ」

なるほど。
納得してる場合じゃないけれど、その通りだと思った。

議会基本条例案検討委員会。
自民党が来なくて、30分も遅れて開会(理由は不明。言わないのですよ)
出された委員長案をみて、愕然。(血圧上昇)
前回の私たちの意見はまったく無視(ほとんど無視)
これで「寝ずに書いてきました」って??

いくつかご紹介します。
まず「前文」
「流会」の「反省」にたちというワードはありません。
流会の反省に立ちこの条例がある。県民もそのことを念頭にしている。必ず入れるべきと何度も何人も言うが、
「恒久的なもの」なので反省は入れなくてもいい。とか。
テレビ報道では必ず「流会議会からの議会基本条例についての委員会では」とテロップもコメントも必ず「流会」とあるのに。

「基本理念」で
「議会活動に関する情報公開を推進」と書いてあるのに、今日の委員長案を傍聴者やマスコミ報道になぜ配布しないのか。これではどういう論議しているのか聞いている県民はまったくわからないじゃないか。と質問。
「委員長案ですので、決まっていないものをお配りするのはマスコミの皆さんにもご迷惑ですから」と委員長。
配布しないほうが迷惑でしょ。
私はそのあとは、委員長案を読み上げて傍聴者にわかるように発言しました。

「議会の運営」で
前回の案には「個々の議員の発言を保障し」とあったのに今回は「個々の議員の発言を尊重し」と変わっているのです。
これでは少数意見の発言を保障すること。確保することがあやふやになる。「保障、尊重し」に戻せと発言。
「議会は最大公約数です。多数決ですから」と委員長。これじゃ発言の保障はなく、尊重もされない。
私は
「民主主義の根本は多数決ではなく、少数意見の尊重だ。委員長は発言の保障をしないと言ってると同じ。これはもってのほかだ。保障に戻すべき」とやや(いやかなり)強く言った。

懸案の「議長選出」は
立候補制という文言そのものを削除し、「志ある議員は所信表明を行い」と変質。
「志あるもの」だけが所信表明しても「志していないもの」が多数によって選出されることができてしまう。ぬけ道だ。立候補制と明記すべき」と何人もの委員が発言
「志ある人しか議長になろうとは思いませんよ」と委員長。
だから違うでしょ。
「この検討委員会の10人はそう思っても、改選後の議員はその意図がわからない。立候補制と明記しなきゃ変わらないのですよ」と発言したけど、返答なし。

「政務活動費」について
前回も述べたように領収書のホームページ公開や後払いや第3者機関のチェックなど現在の政務活動費についての議会としての到達点を書くべき。甲府地裁の判決もあり、県民みんなが注目している事項だ。
この発言はまったく無視。コメント、返答なし。

「県民参加の推進」
前回同様
「請願について請願者や紹介議員の意見陳述を保障し誠実な処理を」と発言したら
「紹介議員がやるべきこと。議員が責任もってやること」と委員長が回答
だから
「県民参加の推進の項です。議会運営のことじゃないのですよ。紹介議員になっても常任委員会が同じ時間だから、他の委員会で意見陳述できないですよ。請願審議って3秒ですよ。すぐ継続っていうだけで理由もなくて、県民参加になってないから、誠実な対応じゃないですよ」とやや強く発言。
しかしこれにも返答なし。

「意見の公募」
前回は「当該条例に関連する資料を公表し、広く県民の意見を求めなければならない」が今回は
「求めるものとする」に後退。
「意見を考慮するものとする」が「できる限り配慮するものとする」に後退している。
すると委員長は
「県民の意見をいちいちとりいれることはできないんです。議会できめるのです」
このあたりからムカムカしてきた。県民はどうでもいいってことか!

「議会改革」
「議会改革を必要に応じ、検討、推進するための組織を設置」とわさわざ「必要に応じて」の文言を追加してきた。
私も他の委員も前回「定期的に議会改革について検証すると明記すべき」と言ってたのに、まったく逆の文言いれてきた。
これじゃ「必要がない」となれば議会改革しなくなってしまう。
すると委員長
「議会改革の組織を継続して作ることはできないのです。特別委員会を継続しておくことはできないのです」
だから私は
「じゃあ組織の設置についてではなく、議会改革の推進の項で定期的に検証すると明記すればいいではないか」と発言。
でも回答なし。

極め付けが「条例の見直し」
前回は「議会は、県民の意見、社会情勢の変化等を勘案し」とあったのに今回は「議会は、議員の意見及び社会情勢」と変わっている。見直しについては「必要と認めるとき」と相変わらず、定期検証がない。
なぜ「県民の意見」を削除するのかの発言に委員長は
「県民の意見などいらないのです。決めるのは議会です。議会がやることです」
だから
「県民からみて議会の在り方が変わるべきという県民の意見を取り入れないのか」とやや強く発言
いやここまでくるとかなり強く言っていた。

もう、県民の声を聞くなんて「論外」「不必要」「関係ない」のだろう。
この点で「筋が通っている」委員長案

流行語にあるように
「議員ファースト」VS「県民ファースト」の戦いだ。
私は委員長案が前回の私たちの意見を反映する影もなく、前回以上に後退しているのでかなり発言した。。
でも委員長はことごとく、私の意見を否定し続ける。
自民党からはほとんど意見、発言はなし。
あっても「ここまで書かなくていい」とか
これはやっぱり「流会の反省」にたってないからだと思う。


県民からの意見聴取会はまたまた変更で
1月上旬になった。
公募制をとりいれるのは前進ではあるが、日程があまりに「アリバイ的」だった。
5日に公募制発表して締め切り12日で21日の午後に行うという提案だった。
ムリですよ。無理。
どうやって県民に知らせるの?
どうやって条例案を知らせるの?
平日じゃなくて休日にやらなくちゃ。
「働いている人は年末の平日に急に休みがとれません」と発言した委員に
委員長は「しかたないですね」

もう
あいた口がふさがらない。
なんじゃこりゃ。

結局この日程は無理となり1月上旬になった。

そもそも2月議会で議決しようということがおかしいことなのだ。
「時間の制約」「制限」とか何回もいうし、議会事務局も「時間がないので」と何度もいう。
4月でも6月でもいいじゃないか。
時間かけてじっくり県民の意見聞いて、しっかり論議して「いいもの」つくろうじゃないか。
でもどうしても2月議会に議決したい理由って。あれのことかしら??


「議長は任期を務めること」と条文に入れるべきと私は発言しています。

ああ疲れた。
ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
まだまた検討委員会は続きます。
マスコミはどのように報道するだろうか。
県民はこの論議をどうみているだろうか。


posted by こごし智子 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック