2016年12月19日

画期的!閉会日もテレビ中継されました。

議会閉会日がテレビ中継されました。
たった、これだけのことですが、山梨県議会にとっては画期的なことです。

これまで議会閉会日はテレビ中継もインターネット中継もしなかったのです。
議会ホームページの中継録画も最終日分はないのです。
最終日は議案の討論、採決が行われ、議会としての「結果」という肝心のところを放映してこなかったのです。

初日は知事の所信表明があるためか放映されます。
(インターネット中継録画は知事の所信表明部分だけで、決算などの反対討論があっても録画されていません)
しかし、最終日は放映なし。
反対討論を放送したくないからでしょうか。??

私は何度も本会議最終日も中継すべきと申し入れてきました。
現在、検討中の議会基本条例の委員会でも発言しました。

毎度毎度「お金がかかるためできません」と回答されてきましたが、
今日の議会運営委員会ではあっさり、「今後は閉会日も中継します」と変更。

なにはともあれ、大きく前進です。

テレビ中継があるからか、私の反対討論と今回は賛成討論もありました。
賛成討論がなければ「小越さんばっかり登壇」になっちゃいますから。
しかも今回は2本反対討論しましたから。

反対討論したといっても、上程議案全部に反対しているのではありません。
補正予算と議員のボーナス増額に反対など、反対する部分についてのべているのです。
「共産党はなんでも反対している」と言われるのは心外です。
よーくよーく話をきいてほしいです。

「賛成多数で可決」となる場合は反対と賛成の討論双方がなければ
「反対討論してたのに何で賛成多数で可決になるの」ってなりますから。
議会として当たり前のことではありますが、反対討論と賛成討論があるのは前進。


しかし、
常任委員会の委員長報告は、これでは、やはりおかしい。
それは
議案の審議の経過と審議による議員の意見がないからだ。

議案の結果は報告される。
「配布のとおり可決されました。おもな審議の内容を報告します」と議案についての質問と答弁を報告しているのだ。
答弁は事業内容の説明なので
「これじゃ所信表明をまた聞いてると同じ。」

審議の経過がわからない。
私が反対したのに、だれも反対しなかったかのように
「可決」とういうことしか報告されない。

こういう質問と答弁があり、だから反対だという意見と
こういう質問とこういう答弁から賛成だという意見があり、多数をもって可決されました。

と報告しないと、常任委員会で反対意見があったかどうかわからない。

そしてその後、登壇して反対討論があると
「あれ?さっきの常任委員会報告では反対したなんて言ってなかったじゃないの??どういうこと??」つてことになる。

いや、
それだけでない。

「リニアの残土搬出について橋の耐荷補強についての質問があり、答弁では監視員をもうけ」と当局説明だけを報告しているではないか。
これではまるで私の質問が議案を賛成しているかのような報告になってしまう。

「補強工事完了せずに通行させるのは安全軽視だと反対の意見があり、残土処理はリニア建設の一番の課題であるとの意見があり、採決の結果賛成多数で可決されました」
と常任委員会報告がないと、審議の経過と結果がわからない。
常任委員会での「討論」の経過こそ必要なのに。

だから、委員長報告のあとの反対討論で「常任委員会同様反対します」
と、とっさに登壇して付け加えた。

まだまだ改善必要です。

「少数意見の尊重」
「反対意見も聞く耳をもってます」という議会の姿勢がとわれていると思います。
posted by こごし智子 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック