2017年01月11日

「流会」を書くべきという多数の意見   議会基本条例 県民からの意見を聞く会

昨日の議会基本条例の意見聴取会。
新聞各紙はいっせいに「流会に意見」「流会不記載指摘相次ぐ」「流会言及もとめる声」と
見出しに「流会」のことばがずらり。
やっぱりそうですよね。
県民の声は「流会の反省を書くべき」なのです。

意見聴取会は9人の公募の方を含めて19人の方に意見をのべていただきました。
用意された傍聴席もすべて埋まりました。
「関心が高いのですね」と私のとなりの議員がはなしていました。

県民は県議会をしっかり見ています。
流会をうやむやにしてはならない。
「流会の大切な教訓だからこそ、前文に入れるべき」
「流会の記述がなく、真摯に受け止める姿勢をしめしていない」
「流会防止策なのになんら変わらない」
県議会の姿勢が問われていると私はあらためて思いました。

政務活動費の領収書公開についても何人もの方から指摘されました。
「インターネットで領収書を公開すべき」
「政務活動費による県議の海外視察で二回目の住民訴訟でも返還を求められている。それなのにこれでは本気度がたりない」と厳しい指摘。
「自治会の会計をしていますが、少額でも領収書を報告している。県議会の政務活動費も公金。使途や領収書の公開は当然」
もっともです。一般常識からみると県議会がいかにズレているか。

請願の意見陳述についても何人もの方から出されました。
「傍聴していたけれど、審議はなく、数秒で継続となってしまった。請願者の意見をのべる機会をあたえてほしい」
県議会の審議がどうなっているのか、県民はしっかり見ています。

議長の立候補制を明確にすべきという意見も
「志ある議員が所信表明とあるが、今までは志がない人でもやっていたということになる」
また
「議長のたらいまわしはしないことをかいてほしい。議長の役割が大切なのに、かわることを前提の所信表明になっている」

議会事務局の在り方についてもありました。
「流会について事務局にも責任があると聞いている。議長の顔色をみて事務局が動くことがないように、独立して採用とすべき」「専門的知識をもった職員の配置を」と議会事務局の独立性を強調した。

一番多かったのは「県民の声を聞け」「県民に議会や県議のやっていることをしっかり公開しろ」という意見です。
休日議会や出張議会。県民と議会との意見交換する一般議会。議会報告会。
「条例見直しは県民の声を聞いてが他県での条例の大半。山梨県では県民が抜けている。県民の声を入れるのは当然だ」
「本会議も常任委員会もすべての放映」「傍聴者へのアンケートによる議会への意見をとる」「常任委員会の傍聴席が狭すぎる。答弁席の人員があまりに多すぎる。」

県民にいかにひらかれていない議会なのかと痛感しました。
そして
流会させた議会に不信やあきれているけれども
「しっかりしろ」と議会の「再生」を求めるていると思った。

意見公募に40人以上の方が応募し、傍聴席がうまり、
ひやかしや怒りだけの陳述はまったくなく、
真剣に
そして議会への「叱咤」と「期待」をしているのだ。

ありがたいことです。
県民は賢明です。

議会はこの県民の声にしっかり、真摯に応えられるか、これからが問われる。


それにしても県民意見聴取会やってよかった!
公募による、議会改革そのものへの意見を聞く会は初めてのとりくみ。
「県民に開かれた議会」をまずは一つは実施した。
大きな一歩。
おおきな成果をえました。


posted by こごし智子 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック