2017年02月17日

「100万人なし、リンケージ人口なし、貧困なし、非正規なし」知事の所信表明

何か違う。
何かしっくりこない。

知事の所信表明を聞きながら、「うーむ」とうなっていた。
何かが違う。

はっと思った。そうだと思った。
「貧困」という文言が一回もなかったのだ。
「非正規」もない。

その一方で
「リニアが本県がさらに飛躍していくための最大の切り札」
「アジア諸国などが経済発展を続け、市場としての存在感を高めている今  世界に通用する産業を有する大きな好機」
さらには
「世界の中でひときわ輝く山梨を創りあげて参りたい」

ええっ?
山梨県民のくらしのことはどうするの?
世界の中で輝く前に、くらしを輝かせてほしいよ。

リニア、リニア、リニア
リニアがなければ、山梨はどうなの??
リニアに頼みすぎる。
10年後にリニアが開通している保障はまだありません。
1時間に上下それぞれ1本しか止らないリニア。
東京、名古屋、大阪を結ぶことが目的のリニア。
山梨の経済効果はまったく不透明。

それよりもリニアによる、騒音や日照権や、移転や、地域の分断やそういうことはまったくふれない。
県民の暮らしよりもリニアなのか。

くらしの厳しさ。
将来への不安。
知事は何も語らなかった。

まるで「山梨」という会社の年度方針を聞いているようだった。


去年まで何回も聞いた
「100万人構想」「リンケージ人口」もなかった。



posted by こごし智子 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック