2017年03月08日

県有林の賃貸料は安すぎると質問しました。

かなり、緊張しました。
ドキドキでした。

山梨県恩賜県有財産特別会計の審議です。(恩特)
山梨県は恩賜林といわれる県有林があります。
その中には北富士演習場もありますし、貸出をしているところもあります。
その賃貸料が「異常」に安い問題です。

北富士演習場の使用料は国から交付され、地元の市や恩賜組合に交付されます。
1平方メートルあたり約130円と答弁ありました。

さて県有林の賃貸料は、用途によっても違うのですが、別荘地として4箇所、山中湖や北杜市、清里にあります。
約4000区画。その賃貸料は年間1平方メートルあたり74円や85円、64円、164円。
めちゃくちゃ安いのです。
そこは別荘地なのにです。
なぜ安いかというと、不動産鑑定で別荘地でも開拓前の原野、山林として鑑定しているからなのです。
3年に1回改訂されますが、開拓前の現状を鑑定しているので、値上がることはないと思われます。

そして別荘の売り出しには1平方メートルの賃貸料は178円や一坪500円で売り出している会社もあるのです。
安く借りて、その倍くらいで転貸しているのです。

県有地なので、固定資産税はかかりません。
賃貸と言っても更新を県は拒む理由がなく更新となります。
ほぼ永久的に安い賃料で固定資産税(土地分)払わず住めるというのです。
だから売り出しには「所有権物件の半額です」とかかれているのです。

さらに固定資産税が市町村に入ってこないので、その賃料から各市町に交付しているのです。
その金額が、とんでもなく安いのです。

リニアの土捨て場29000平方メートルも固定資産税がかからないので、笛吹市にその分を交付するのですが、
雑種地で約220万円。

一方、山梨県に6800haもある県有林地。
うち別荘だけでも400ha以上。ゴルフ場やスキー場も入れれば、山林以外でも800haもある。
なのに、なのに地方交付税分としての交付は1億2000万円ほど。
安すぎる!!

ここまで質問するまで、ドキドキ。
資料を片手に、ひとつひとつ詰めていった。

自民党議員から「もうやめろ」とヤジが飛びそうで、緊張。
ヤジらしいヤジもなく、逆に「土地の評価が安いって言っているんだよ」とまるで援護射撃。
予定の質問をほぼやりきりました。

県民の財産である、県有林の賃貸料が安すぎる。そして永久に値上げされない。
別荘地などで利益を上げている。固定資産税が入らない。
問題点を指摘しました。

そして最後に
これらの会社に県の幹部職員、林務の職員が再就職していると指摘。
(この時一番、ドキドキでした)

質問後に何人もの議員から
「よく言ってくれた」と声をかけられました。
「よく調べたじゃん」とも
「えっー。だって今回の資料は全部県のホームページや別荘の会社のホームページですよ」と答えたらびっくりしてました。

2日3日で調べまくった質問。
疲れました。
ある意味「触れてはいけない」質問らしいです。
でも共産党は「怖いものなし」なので、やれるのです。

今後もこの問題追及していきたいと思います。


posted by こごし智子 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447696545
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック