2017年03月23日

議会最終日 議会基本条例案は県民の声を反映していないと反対しました。

籠池さんの証人喚問が「事実は小説よりも奇なり」でとても気になるけれど、今日は議会閉会日。
3本の反対討論をしなければならない。
当日なのに、何度も練り直した。
議会に赤い服で行くのは「怒りの赤」

議会基本条例反対討論
本会議前に議員全員協議会で修正案が説明された。
私はすでに反対することはきめていたが、さらに輪をかけて反対となったのは、
検討委員会案の
「議会改革を2年に1度、検討組織を設置して検証し、公表する」に対して
会派代表者で構成する議会改革検討委員会で
「議会は議会改革の進捗状況を必要に応じて議会改革検討協議会で検証し公表する」に変えてしまったのだ。

これでは従来と何も変わらない。
私は
「必要に応じてとは誰が必要だと決めるのか」と質問した。
議長は
「議長です。各会派代表者からの意見があれば議会改革検討協議会にかける」というのです。
私は
「では、議会改革が必要だと、全議員から定期的に聞き取る仕組みをつくるのですか。その意見を議会改革検討協議会に掛けるかどうかは誰が決めるのか」と質問した。

「議長が決めるんだろ」と外野からの発言。

全員協議会がおわり、議長が私に声をかけてきた。
「小越さんと同じだから。気持ちはわかるから」
私は
「鈴木議長はいい人だから議会改革検証するかもしれないけれど、議長が変わったらどうなるのですか。何の保障もないですよ。それじゃ条例にならないじゃないですか」
ここもテレビが撮っていた。

本会議での反対討論。
一本目は新年度予算の反対。
後藤県政は100万人構想、高専設置、重粒子線治療施設と公約が相次いで修正となった。利用予測や収支予測がないまま進めてきたからだ。それなのに、リニア周辺整備もサッカースタジアムも予測がない。リニア周辺整備の巨額がいよいよ始動する。リニア頼みの予算。県議海外視察の予算計上は無駄と述べた。

2本目が議会基本条例の反対。
検討委員として毎回発言提案してきたけれど、こんな条例になってしまい、本当にくやしい。県民の声が反映されていない。
いつにもまして、怒り心頭の反対討論になった。
激しく読み上げてしまいました。

3本目が参議院議員の選挙の合区解消の解決に都道府県単位の選出というのは選挙の平等の観点から反対。
比例代表こそ平等だと指摘した。
自民党から「それは共産党が比例でしか当選できないからだろう」とヤジ。
自民党は一票の不平等に何も違和感を持たないのか!

3本も討論すると疲れる。
本会議がおわって議場を出ようとしたら、ある議員が
「討論は小越さんが書いているんですか?」と聞いてきた。

はあ??何聞いているの??あったり前ですよ。全部自分で書いているんです!
「よくまとまっているなあと思って、自分で書いているんですかあ」と。
この議員は何に感心しているんだ??

閉会後、知事や部長が控室に回ってくる。
新井副知事に
「帰っちゃうんですかぁ」と声をかけると
「小越さん、ひとりでよくがんばってますよ。これからもがんばってください」と副知事。
女性副知事として農水省から出向してきたけれど、もっと前に出てほしかったなあ。
山梨県議会をどう思ったんだろう。
赴任後の山梨県女性議員の会の講演で「10年遅れている」と言っていたけれど、10年どころじゃなかったですよね。



籠池証人喚問でも何度も出てきた「忖度」
英語でなんて言うんだろう。
議員に「忖度」するような空気は日本独特のような気もする。

posted by こごし智子 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448320933
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック