2017年04月29日

議会改革要望書を議長に提出し懇談しました。

170428_forgicho.JPG

鈴木議長に議会改革の要望書を提出し、懇談しました。
とても和やかに、懇談しました。
もちろん、議長だけが議長室にいて、議長が受け取って、議長と話ができました。

以前の議長はマスコミダメ、
議会事務局長が議長のとなりに座って、議長よりも口をはさんでいましたが、
今の議長は、すべてオープン。
議長の自分のことばで話してくれるのは「いい感じ」です。
お茶もだしていただきました。

さて要望項目は主に4つ。
1、徹底した情報公開を
 政務活動費のを領収書をホームページに公開すること。
 支出の相手先も公開すること。
 生計同一への支払いはやめること。
 人件費支出は勤務記録も公開すること。
 後払い制にすること。
 海外視察はやめること。
政務活動費の領収書のホームページ公開は「手間がかかる」とも言われますが、全国5県で行われています。
税金ですから、支出先を黒塗りにすることはありません。これも実施している自治体もあります。
議案の賛否を会派別に公開することや傍聴者への資料配布なども要請しました。

2、県民参加の議会を
 請願の審議に請願人の意見陳述を
 傍聴者などからアンケートをとり議会改革に生かす
 県議会モニター制を導入する。

3、公正公平な議会運営を
 会派代表者会議など全会派が出席し、自由に発言できるように。
 少なくとも毎会議ごとの出席許可は年に1回の申請で可とすること。
 議案説明に交渉会派と非交渉会派で差別しないこと。
交渉会派には知事がきて説明するのに、非交渉会派は担当課の職員なのですよ。

4、活発な議会を
 予算委員会は予算書以外のことも質問できるように
 決算総括審査は知事が出席するように。
 本会議で知事に答弁を求めるものは再質問も、含めて知事が答弁するように議長が促すこと。

5、その他
 会議開始前の時間に議員は着席していること。
 筆記用具は各自持参すること。
「つまらない」ことかもしれませんが、社会人として当然のことなのに、県議は会議時間に集まりません。
 会議なのに、筆記用具ももってきません。
 傍聴者から「議員がおくれてくるとは何事か」とよく言われます。

議長からは
 議案の賛否の公開についてや会派代表者会議の年度ごと1回の申請なども前向きな回答でした。

なによりも
「議会改革を少なくとも2年に1回は議員全員で検証する」という機会基本条例検討委員会の提案が
「必要に応じて」議長が議会改革検討協議会では行うと「改悪」されてしまったので

ぜひ鈴木議長の下で、県議の任期も2年すぎたので、議会改革に全議員から、あるいは県民からも意見を聞いて検証して取り組んでほしいと強く要望しました。

議長からは
「議会改革に取り組む取り組むと言うだけでなく、実際やったということを見せなくてはならない」と言ってくれました。
私は
「中長期のことや今すぐできることもある。とにかくみんなで検証して、議会改革やっているという姿勢を
みせましょうよ」とある意味で議長と「意気投合」しました。

以前よりも「風とおし」はよくなったでしょう?
と議長に問われ、
「たしかに以前よりはよくなりましたから、もっともっとよくなるように」と要請しました。
posted by こごし智子 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449426650
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック