2017年05月12日

事業用太陽光パネル設置を考える会を開催します。

いよいよ明日、13日、日本共産党山梨県委員会は事業用太陽光パネルを考える会を開きます。

自然エネルギーを推進すべきです。
でも、
森林伐採しての太陽光パネル。
斜面に、あるいは土砂災害の危険もある場所に設置される太陽光パネル。
山肌を削って、防災上も景観上も台無しの太陽光パネル。
道路わきに林立するパネル。
盛土して雨が降ったら排水もままならないパネル設置。
家の周りじゅうにパネルが設置されて、暑くで熱くての生活。
住民合意とはどこまでの住民をいうのか。

日本共産党はこうした問題を早くからとりあげ、市議会、県議会はもとより、
国会でも山梨の太陽光パネル問題をとりあげてきました。

ガイドラインは出来たのに、問題山積は解決されず。
もっと強制力のある条例化が必要ではないでしょうか。

北杜市だけでなく、全県に、日本中の課題になっていると思います。
ある方が「うちには関係ないと思っていても、明日は我が身ですよ」といってました。
まさか、ここに太陽光パネルがこんなにたくさん作られるとはと、多く方が感じているからです。

明日13日2時から北杜市の甲斐巨摩センターせせらぎで行います。
私も報告します。
参加者のみなさんからのパネル問題の実態や、意見交換もして、事業用太陽光パネルの問題解決について深めたいと思います。
どなたでも参加できますので、お近くの方はぜひご参加ください。
posted by こごし智子 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック