2017年05月17日

長野と山梨、二人の女性副知事囲んで楽しい懇談でした。 山梨県女性議員の会

長野県の女性副知事の講演は私のこれまでの概念を超える、「規格外」の副知事でした。
この副知事は次元が違うと思いました。
私にとってはカルチャーショックという言葉に近い感じでした。

昨日、山梨県女性議員の会は定期総会と記念講演を行いました。
女性議員の会は党はを超えて、県内の自治体の女性議員の集まりです。
不肖、私が会長を仰せつかっています。

今年の講演は誰にお願いしようかと思っていました。
2年前には当時の新井副知事にお願いし、これもまた「山梨は10年おくれている」の意見にガツーンと衝撃的でした。
今回は、女性議員の会の事務局をしている市議会議員さんが中島副知事を紹介してくれて、3月中に打診して、ふたつ返事で即答いただきました。

中島さんは富士見町に住んで、自給自足のエコライフを模索。
自宅も自分で建てているそうです。
こうした背景もあってか自然のなかでの保育、農業女子、環境、経済とまとめて、つないで発信している姿勢は「政策」というよりも具体的で、実践的でした。

高校生のデザインで女性用のクールビスのシャツをつくり、県内企業で製造して、県内のイオンで販売している。
とってもおしゃれなシャツでした。
こういう発想を具体的にキャッチして、つないで、実践してしまう。
女性ならではの「横のつながり」「直観力」だと中島さんが言ってる通りだと思いました。

講演後、一緒に聞いていただいた、山梨県の柵木副知事も加わっての意見交換会。
中島さん「審議会の女性の割合が50%にならないと、私のところにきて説明しなきゃいけないことになっているんです。だからいろいろ言われたくないから、私のところに来たくないから50%になるように工夫するんですよ」
参加者「柵木さーん。それ、山梨でもやってくださーい。」
参加者「女性の農業委員さんがいなくなっちゃったんですよ」
柵木さん「女性がそういう地位にいるというだけで変わりますよね。その存在がこれからを決めていくというか」
そうそうそうですよね。

柵木さん「移住された方が一番ショックだったのは、移住先の地元の方が、なんでこんなところに越してきたのと言われるのが一番ショックだったそうです。山梨の良さに山梨の人がまず気がつかなくちゃ」
一同「そうですよね」と納得。

イクボス、温ボス宣言も具体的。
「子どもの授業参観に行けるように秘書さんにもスケジュールをお願いしているんですよ」と中島さん。
「女性の職員とランチタイムしながら、授業参観にもいくようにと言ってるんですよ」

長野県と山梨県、女性の横のつながりしていきたいですね。と両副知事。

女性ならではの「プチ起業」の連携も発信している。
そこには
「いいことやっているから、そちらもやってみない??」という発信。
「自治体間競争に打ち勝とう」なんてスローガンは感じない。
うちも、おたくも、あなたもみーんなうまくいけばいいじゃんね。

女性のちからは果てしなく広がると感じました。
二人の副知事と楽しい懇談の時間でした。
posted by こごし智子 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック