2017年05月25日

共謀罪NO! 9条こわすな  ロングラン宣伝

日本共産党は、衆議院での共謀罪法案、強行採決の翌日の24日、甲府駅前で
共謀罪NO!9条こわすな ロングラン宣伝をしました。
朝7時半から夜7時までのロングランです。

マイクを握っての街頭演説、チラシの配布、署名行動、スタンディング。
11時間半、体力勝負でした。
私は朝は、水曜定例の他の場所での宣伝後、お昼に合流。
途中休憩もかねて事務所に戻り、夕方再び参加。
一日ずっと、文字通り「ロングラン宣伝」の担当者には頭が下がります。

強行採決翌日とあって、朝の通勤の時から署名やちらしの受け取りもよかったそうです。
飛び入りでマイクを持つ方も、しっかり自分で原稿を用意して訴える人もいました。

共謀罪はテロ防止のためではありません。
一般人とテロリストとどう区別するのか。
「見た目で分かる」?
いいえ、それができません。
だから「計画があったかどうか」
つまり、何を考えていたかで罪になる?
その計画をどう立証するか。
ラインやメール、盗聴、盗撮、監視がまかり通るのです。
だから1億監視社会になるのです。


アイコンタクトや会釈もせず、自分の意見は決して口にせず、他の人の意見に同調せず、「いいね」はおさず、
だだ、だだじーっとだんまり。
いや、何にも感動せず、無表情に時間を過ごそうとする。
そんなのは普通ではありません。

政府に批判をしない、自分の意見を表明できないような社会にしてはならないのです。

甲府からも共謀罪NO!の声は広がっています。

posted by こごし智子 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450201045
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック