2017年06月08日

山梨県に事業用太陽光パネル設置のガイドラインの条例化を求める要望書を提出しました。

7日、日本共産党山梨県委員会として
山梨県の事業用太陽光パネル設置のガイドラインの条例化を求める要望書を提出しました。

先月の共産党主催の地上型太陽光パネルを考える会でも住民の皆さんから山積している切実な問題がたくさん出されました。
その意見も踏まえての提案です。

〇条例化とともに
〇今あるガイドラインをしっかり遵守するよう指導すること
〇立地をさけるべきエリアや立地に慎重な検討を必要とするエリアにすでに設置されているものには防災面や生活環境の面からも特段の指導をすること。
〇これから設置する事業者にはガイドラインにあるように住民合意の形成を周知徹底すること。
も要望しました。

ガイドラインの徹底だけでもかなりの指導ができます。
改正FIT法では自治体の要綱や条例に違反しているときは認可の取り消しもできるとなりました。

県の担当者もいろいろ模索し、検討している感じも受けましたが、
ぜひとも実効力のある条例化やガイドラインの徹底をお願いしたいです。

そして
自然エネルギーはさらに推進すべきものです。
住宅用や公共施設への設置、工場などの自家消費型のパネル設置など推進すべきです。

耕作放棄地が増える中で、「パネルを設置すれば」という思いもわかります。
農業、景観、自然エネルギー、観光等、全庁的な総合的な対応策も必要だとあらためて思いました。

posted by こごし智子 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック