2017年06月21日

「なぜ定数削減なのか、説明してください」 定数削減に反対する私の意見になぜ笑うのですか

県議定数見直しの議会改革検討協議会
甲州市と韮崎、中央市の格差が2倍近くになるので甲州市の定数を2から1に削減するという議長の提案に
共産党以外の会派が全部賛成した。

各会派の意見集約を議会事務局が読み上げた。
共産党は
定数削減に反対。格差是正なら韮崎市中央市の定数を1から2に増やせばよいこと。格差は是正される。
議員報酬削減すれば財源でる。
一人区はいわゆる「死に票」が増える。
県民の声をより反映させるために定数削減に反対。
やるべきことは議員報酬削減。

この読み上げの時に
自民党議員から笑いが起きたのだ
「なに⁇定数増やせだってよ」という嘲り笑うような。

共産党は私一人の少数会派なので、この種の会議(会派代表者会議や議会改革検討協議会など)は委員外議員。
出席はできても評決権がない。

でも議員として意見を言うことはできるはずだ。
意見を述べたい時には挙手する。
挙手したら
「反対の意見はここで言えないよ」「もう意見読み上げたんだから」と自民党議員。

私「質問したいことがあります」
自民党議員「ここは意見しか言えないよ。質問はダメだよ」

どうしても私に口を利かせたくないらしいが
一応議長が許可した。

私「なぜ定数削減から論議するのか、説明してください。該当する自治体の声も聞かずに決めるのですか。住民の権利に関わることです」と言った。
議長「聞いておきます」だけ。

そして議長提案どおりの甲州市定数削減となった。

定数削減という重要な案件をわずか2回の論議なのか。
そして
どうして私の発言を封ずるのか。です。

評決権がない私。
意見を自由に言わせても私に評決権ないのです。
なのに、私の発言を執拗にというくらい封じようとするのはなぜですか。

何回も発言の挙手するとまた会議に出席認められなくなるかもしれないという不安定さもありますが、
言うべきことは言わねばなりません。
戦いが続くのです。

明日は議長選、所信表明です。


posted by こごし智子 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック