2017年06月27日

6月県議会 代表質問1日目

今日から本会議の代表質問が始まりました。
今日は最大会派自民党の二人の代表質問でした。

自民党の質問??
とびっくりしたのが
「道路の補修や道路の標示など痛んだ状況や河川内の支障木の繁茂、土砂の堆積状況など県民の安全・安心の確保について懸念している。予算確保に努めることが重要であると考える」と
自民党が質問したのです。

私、
この問題で本会議で常任委員会でも、決算委員会でも、ことあるごとに質問提案してきました。

道路の白線消えている。
横断歩道消えている。
河川の立ち木伐採を
河川改修すすめてほしいけれどなかなか進まない。
ゲリラ豪雨で河川氾濫の心配広がっている。
浚渫を土砂撤去を。

答弁はいつも「限られた財源ですので緊急性のある個所から対応してまいります」と何度も何度も言われ、
今年ようやく、ちょっとですが、予算増えました。
河川の立ち木や草木撤去など2000万円増えました。

自民党さんも質問してくれてうれしかったです。
少しでも県民要望が実現できれば、自民党でもどの党でもいいんですから。

さらに「財政調整基金が山梨県も多い」と発言。
趣旨は「基金が多いと地方交付税減らそうという政府の議論は乱暴すぎる。知事はどう思うか」
知事「基金は必要。不足の事態や今後の大きな事業に備えて」と答弁。

基金ため込んでおくことはいかがとは思いますが、
自民党も「基金が多い」と思っているんだ。

私は
「財政調整基金」がこんな多い。
福祉削って基金にためたのか
この基金を使って福祉充実せよ。
と質問してきました。

「基金が多い」という認識は自民党も思っていることに、これまたびっくり。



さて、気になったのは、総合球技場、スタジアム建設のこと。
自民党の質問には
「50m屋内プールの建設を」「八ヶ岳スケートセンターの存続を」とありました。
答弁はいずれも
「今後の利用予測を検討して」だったのですよ。
利用者数や財政負担を検討してって。


じゃあ
どうしてスタジアムだは利用予測や財政負担について検討しないで、「つくる」ってなるんでしょうか。
スタジアムだけ、特別扱いするのはどうしてなのよ。
と思いました。
posted by こごし智子 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック