2017年06月28日

議会基本条例逐条解説検討委員会開かれる。

議会基本条例の逐条解説検討委員会の第2回目がようやく開かれた。

前回要望した、「基本条例検討委員会の議事録」が数日前に送付されてきたので、その会議録と自分の記憶とノートを頭の中で整理して臨んだ。

会議録と言っても「要旨」もあれば、発言録もあって、全部ではない。
基本条例検討委員会委員長が私に言い放った「請願は江戸時代の直訴と同じですから」は二回とも見事に会議録に掲載されていなかった。
だから私の激しい反論も掲載されていない。
意図したものなのか、会議録から抜けていたのかは不明。

逐条解説検討委員会委員長から
逐条解説なので条文ごとに趣旨と解説を検討するということと
論点整理として2点が提案された。

議会の流会を書くか書かないかで論議があった前文のこと。
議会改革を定期的に、2年に1回という検討委員会案が会派代表者が参加する議会改革検討協議会で「必要に応じて」と後退してしまったこと。
この2点については経過を書いた方がいいかどうかと提案された。

私はもちろん、経過を書くべきだと発言した。
さらに
常任委員会の日程をずらしての開催や傍聴者への資料配布などは逐条解説で検討をという意見があったことを発言。
政務活動費や請願人の陳述などについても逐条解説の趣旨や解説のなかで、書き込むことを要望した。

すると自民党の議員が
「基本条例検討委員会で逐条解説で書いてとその時の委員が言っていたから逐条解説に書くというものではない」と発言。

私は
「全部経過をかけと言っているのではない。逐条解説は条文の趣旨について書くものだから、含んでかいてほしい」と反論した。
「逐条解説で書けばいい」と言っていたのは自民党の議員なのですよ。

基本条例検討委員会であれだけ、論議になった情報公開や県民参加の方向を逐条解説に含んで書いておくべきだと思う。
規則や要綱とは違って、条例の魂というか考え方を書くのが逐条解説だと思う。
またまた、戦いは続く。
posted by こごし智子 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック