2017年07月05日

やっぱり。ひどい。山梨県は防音フードをつけてとJR東海に要請していません。

総務常任委員会報告 その2

リニアに防音フード設置をと県はJR東海に要請していなかったのです!
やっぱりというか、そうだとは思ってはいたけれど、
あらためて、県の姿勢は住民の立場に立っていないと思った。

2月議会で私は
「県はリニアの見える化を進めるのか、それとも騒音対策なのか」と迫った。
当時のリニア局長は「騒音対策を要請していきます」と答弁した。

住宅地なのに、防音フードを設置しない予定となっている、甲府市中道地域や富士川町の地域の住民がJR東海や山梨県に防音フードの設置をと要請している。署名も添えられている。
私はJR東海に何回要請したのか。JR東海とはどういう意見交換をしているのかと質した。

「生活環境の保全について協議しています」と答弁。
質問していることに答えていない。

生活環境の保全なら、防音フードをつけなきゃ保全されないでしょ。
防音フードつけないと環境基準の70㏈を超えるとJR東海も言っているんですよ。
再度質問するが、まったく同じ答弁をリピート。

環境影響評価書には
自治体から「リニアが見えるように」してほしいという要望があるから防音フードをつけないといっているのだ。
この自治体って山梨県のことでしょ。

中道地域は4キロにもわたってフードなし。
リニアは甲府の駅には一時間に上下1本ずつしか止まらないけれどリニアは6分ごとに通過すると言われている。
朝から深夜まで70㏈の騒音が6分おきに通過するのだ。
生活環境の保全ができるわけがない。

結論的には「県としてJR東海に防音フードをつけてと要請していない」とはっきり認めた。

さらに
観光目的で「リニアが見たい」という要望もあり「リニアが見える丘」などもすでにありますし。
とも言っていた。

リニアが見たいと来る人はそこに住んでる人がこんな騒音に悩まされていることを知ったら
「わあ、リニアだ」と喜ぶだけだろうか。

なんでもかんでも「観光だ、観光だ」ですまされるのか。
住民の暮らしにかかわる声に耳を閉ざして、「暗い」部分をかくして、
「観光客のみなさまどうぞこちらへ」でよいのか。

怒る。
posted by こごし智子 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック