2017年10月29日

重度心身障害者医療費窓口無料復活を求めるシンポジウム

重度心身障害者の医療費窓口無料が廃止されて3年。
やっぱり窓口無料に戻して!
この声はしぼむどころか広がっている。

28日、復活を求めるシンポジウムに参加しました。
4人の方が報告されました。
これまでの窓口無料への運動のとりくみや、なぜ窓口無料が必要なのか。
重度障害の子どもさんをもつお母さんや、医療機関のワーカーの方からは廃止となったきびしい現実が突き付けられました。

おかあさんからは
「中学3年生まで重度の障害をもつこどもの医療費は窓口無料が復活したけれど、こどもたちはいずれ大人になる、病院にこれまでどおり行けるのか。窓口無料復活はどうしても必要」

病院のワーカーからはあるケースが報告されました。
「窓口無料が廃止となって、医療費をいったん払わなければならない。貸付があると言われたが、入院費にはとてもたりない。医療費の限度額認定証は国保税滞納のため発行してもらえず。国保の貸付をと言われたが、何度も何度も役所にあしを運ぶことになり、さらに自己負担分を分納して払っているので、重度障害者医療費助成制度では2か月以内に完納しないと自動償還されなので、役所に手続きに行かないと自己負担分は戻ってこない。結局この方は亡くなってしまった」

会場参加者の重度の障害の子どもさんのお母さんからは
「自営業です。どうしても手元にお金がない時があります。支払いを滞らせると信用にかかわるので。その時にこどもが喘息で苦しい時にお金がなくて病院に行けなかった。3000円が払えなかった。こどもに申し訳ない。窓口無料復活して」涙をこらえて発言された。会場の誰もが胸がしめつけられた。

窓口無料廃止の理由として国からのペナルティーがあるからと県は述べていた。
窓口無料をしていると国が支払うべき国保会計の国の負担金を減額してくるのだ。
それがいわゆるペナルティー。
山梨県の重度障害者医療費窓口無料の場合、県と市町村合わせて8億4000万円のペナルティー負担があるからだといわれた。

さて窓口無料が廃止となって、このペナルティー負担分は何に使われているのか。
ペナルティーがあっても窓口無料している県もある。

私も会場参加者のひとりとして発言させてもらった。
シンポジストの皆さんの話をぜひ県当局は聞いてほしいと発言した。
9月議会での私の質問に「貸付制度があり、円滑に進んでいる」と当局が答弁したと報告すると会場から「まあ、えーっ」と声がもれた。

円滑に進んでいるとはとても言えない実態だ。
貸付制度が機能していない。
窓口無料廃止で命に係わる事態になる。
県のお金の使い方が問題。歳出に占める土木費の割合は全国1位。でも民生費は44位。
持続可能な制度維持のために窓口無料廃止とした県は説明しているが、財政が心配と言いながらリニア駅周辺整備をはじめ、大型公共事業はおかまいなし。

重度障害のこどもさんの医療費窓口無料は中3までとはいえ復活した。
署名やシンポを通して声を集めてすべての重度障害者の窓口無料を復活させたい。

窓口無料復活を求める会が結成され、署名活動が始まっています。
来月には県に署名と要請書を提出するそうです。
県政と運動をつなげる議員として窓口無料復活を求めていきます。



posted by こごし智子 at 09:39| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。