2018年02月10日

山梨県 新年度予算案発表される。

2月県議会の議案、予算案の説明が始まりました。
先週、新年度予算に関係する事業説明の時も思いましたが、今回の予算額も含めての説明を聞いて、愕然となっています。

えっ?これが予算案なの?
新年度予算の目玉事業は何?
これといった、県民生活に直結する、新規事業が見当たらない。

新規の事業と言っても、金額が少なすぎる。
検討委員会とかリーフレットとか、「話が小さい」
わさわざ新規事業としてカウントする必要があるのかという「新規事業」が並ぶ。

県政の最大課題といわれる人口増加対策
「子育て支援策をこんなにやっているのに、知られていないから、情報発信力が足らないから」
とまとめていたけれど
理由はこれなのか?
もっと深い考察が必要なのではないか。

知事は任期最後の予算編成をどういう思いで作ったのか。
後藤県政を検証する立場から本会議の質問に臨みたいと思う。





posted by こごし智子 at 11:20| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。