2018年02月20日

2月定例県議会始まりました。 知事所信表明

後藤知事任期最後の一年の予算案が提案されました。
所信表明も任期1年を意識してか、冒頭は今までとはちょっと違っていました。
知事の感情も入っていました。

まずはリニアへの並々ならぬ思いです。
「平成へと元号が変わった時にリニア実験線の建設地を山梨県にすることが決まった。
リニア開業まで10年きった。オリンピックまであと2年。「今」が将来の山梨の発展にとって重要」
と述べました。
でも混沌としたままのリニア駅周辺整備については所信表明でまったくふれませんでした。

さらに知事が3年間、県内各地を回って様々な方と話したと続きます。
「県内で頑張る方々を支える仕組みが十分ではなく、その魅力を十分に発信しきれていない。」
「子育て日本一」「健康寿命日本一」「移住ランキング日本一」と発展の基盤となるキーワードも生まれた。
そして
「地域間競争は激しさを増す。この競争に勝ち抜かなければならない」
「情報発信力をより高め、施策の浸透を図り、成果を実感していただくことを念頭に施策を展開してまいります」と続いた。

この3年間、こんなにやってきましたよー。
実感できていないんですかー?

って感じでしょうか?

知事選挙の公約の人口問題。
「人口ビジョンに描く将来展望を実現するために施策を推進します」っていうけれど
さてその人口ビジョンは「今」どうなっているの?どこまで進んだの?

県民意識調査で一番の要望は公共交通機関の整備と福祉の充実。
さて、福祉のことは?
介護保険や医療費のことにはまったく触れていない。

北富士演習場の契約更新については
「全面解消、平和利用をめざし、段階的縮小をすすめていくことを基本姿勢」と言いながら、
「演習場周辺の地域振興と民生安定を図ることが現実に即した方法と考え、これまで諸問題に取り組んできた」と述べていた。
これはどういう意味だろうか
現実に即した方法とは。

これまでの「芽吹き」が「大きな実り」となるようにと結んでいた。

さて、芽吹きって??
どんな芽があったのか。
どういう種類の芽なのか。
よーく質問したいと思います。

posted by こごし智子 at 10:06| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。