2018年02月27日

2月県議会 代表質問

本会議代表質問1日目。
最大会派自民党の代表質問2人
会派は同じなのに代表質問は二人なのです。

一人目質問の冒頭に天皇退位の話がでてきた。
「皇室外交」のことばが出てきた。
ムムム。皇室外交?
これはダメでしょ。
答弁冒頭に質問者とエールの交換する知事答弁の冒頭では
「象徴としての天皇」となっていた。


さて、3年前の知事選挙では後藤知事を応援した自民党。
けれど、今回は「距離を置いてる」感があった。

一人目の質問では
「自民党として先の知事選挙は推薦した、今後検証をして、高い評価となることを期待しています」
と、これからも支持するとも、これからはわからないぞともとれる発言でした。

2人目の質問冒頭では
「あたらしい山梨に舵を切る」
「前例踏襲を脱する」
「大改革を、あらたな改革を強く求める」
と、現在の県政に厳しい指摘だった。

所信表明をもう一度「おさらい」するような質問もあれば、県政運営を厳しく批判する場面もあった。
これまでの自民党の代表質問の場面とはかなり違う感じがした。

そして知事は相変わらず、再質問、再々質問には答弁しないと決まっているようだ。

質問時間は残り4分。
再質問が始まる。
答弁席の部長たちはいっせいにペンを持ち、質問を漏らさないように必死になって聞き取っている。
かたや知事はペンを決して持たない。
知事は再質問には答弁しないと決めているのだろう。
部長たちの顔つきとはまったく違う。

自民党の質問ですらこうなのだから、私の再質問には答弁しないわけだ。
やっぱり。

こうした場面にも県政運営の姿勢が表れている。

posted by こごし智子 at 00:15| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。