2018年02月28日

県議会 代表質問 2日目

代表質問2日目は いずれも民進系の議員。
知事への姿勢も自民党とはやっぱり違う。
「県政運営を評価」
そして
「知事に対して、まっとうな支援をしてまいります」

自民党は知事選で推薦して与党なのだけど、昨日の質問からも「まっとうな支援」ではないってことだろうか。

代表質問ではスタジアムについて
「山梨県が建設、整備する是非を議論する必要がある。地域でも疑問や意見がでている」「利用見込みや整備手法、これから先の県財政への影響などの課題をあきらかにして広く県民の理解を得る中で県民と一体となって進めるべき」
と慎重論が出された。

またリニア沿線住民の不安解消や騒音対策についても質問が出された。
防音フードをつけるべきとは質問しないし、答弁も「丁寧な説明をJRに要請してまいります」
とまるで他人事の答弁。
でも騒音対策について県議会で何人も取り上げるということは地域から騒音対策について要望がだされているということだと思う。

一方、本会議前の議会運営委員会。
追加の補正予算の議事日程への追加の確認だけで終わるはずだったのが、
U議員が「本会議冒頭に動議出すから」と発言。

「昨日の質問の答弁書を10時までにほしいと頼んだのに、まだ準備できていないという。こちらは質問書を事前に出しているに、どうして答弁書が出せないのか」と。

その意見は議員とすれば、当然のこと。
どうして渡さなかったのか??
本会議での答弁書をコピーすればいいのに。
これまでだって、渡していたのに、なんでまた今回はそんな抵抗したのかしら?

動議も要望も成立。

想定外の本会議の出来事に知事は下を向いていた。

これからは質問の翌日10時までには答弁書を渡してくれるってことになるのかなあ。
posted by こごし智子 at 01:30| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。