2018年03月01日

一般質問しました。 本会議3日目

質問は何回やってもうまくいきません。
午後の2番目の質問なのに、お昼から緊張、ドキドキが止りません。
でも不思議と登壇して、傍聴席をみると、みんなの顔が見えて、ほっと気持ちが落ち着きます。

質問の時は落ち着いていられるのですが、答弁になると、血圧が上がります。
質問に答えてない!
答弁あっても、それで県民の思いに応えていると思うのですか!

保育園の待機児童問題。
再々質問までしましたが、答弁は同じ「待機児童はゼロです。」
ホントにそう思っているのですか?
じゃあ保育園に入れないって人はどうなるのですか?
子育て日本一なんて到底言えませんよ。

リニアの防音フードの問題。
「沿線市町と連携して環境基準のあてはめする」と答弁している。
甲府市議会では「山梨県に住宅地域として防音フードを要求していく」と答弁がある。

では環境基準は住宅地
住宅地は70㏈以下
70㏈以下にするには防音フードしかない。
防音フードをしないと70㏈を超えるとJRも認めている。

この論理展開でいけば、甲府市上曽根地域に防音フードを設置するようJRに要請するのは当然だ。
でも決して防音フード要望するとは言わない。
防音フードにしたら知事の公約「観光振興からリニアの見える化」ができなくなるからだ。
だから私は
公約を撤回すべき。住民の声にこたえるべきだと質問したが、知事は答弁しなかった。

「リニアでかわる山梨の姿」の冊子を県内すべての小中高校生に配布した。
ストロー現象も環境問題もまったくかかれていない。
これをこどもたちに配布する。
では学校で使うのか?一面的な見解でこどもたちに教えるのか。教育委員会はどう考えるか。
と再質問したら、発行元の担当部長が答弁した。
「このような山梨になるように大人たちが頑張る。子どもたちには夢と希望を」とか答弁した。

何を言っているのですか?
これは絵空事だと認めたようなもの。
でも大人ががんばっていきますから?
これが答弁ですか??

私は
「リニアの環境未来都市はどうなるか何も決まっていない。一面的なことを子どもに押し付けるのか。おとなの無責任だ」
とちょっと大きめな声で言った。
血圧上昇だ。

さらに明野処分場問題。
どうして県民負担になってしまったのか。なにを教訓とするのかと再々聞いているのに、
教訓らしい言葉がない。

過大な需要要則で住民合意なく、建設ありきで進めたのがこの結果。
リニアやスタジアムも明野の二の舞になる。いやもっと大きなツケになる。
20年、30年後を考えて県政運営するのが知事の責任ではないか。
と質問した。

当然のように知事は答えない。
私は「知事は答えないんだ」とヤジってしまった。
一瞬、知事と目が合ったが、知事は目をそらした。

「答えない」「答えたくない」「答えられない」

答弁のたびに傍聴席から、ためいきのような声が聞こえる。
みんなどう思っただろうか。

「小越さん、大変なとこにいるんだね」と声をかけてくれた方。
「こういうことになっているんですね。よーくわかりましたよ」
「いつにも増して答弁がひどいね」と何回も傍聴に来てくれている方。

恒例の写真を撮ってもらった。
「みなさん、答弁聞いて気持ちは怒ってると思いますが、笑顔でね」と言ってみんなで映った。

議会ではひとりでもみんながついている。
がんばらなくちゃ。
posted by こごし智子 at 01:54| Comment(0) | 議会報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。