2018年05月31日

重度障害者医療費窓口無料復活求める署名行動に参加しました。

重度障害者医療費助成窓口無料復活求める街頭署名行動に参加しました。

甲府駅の南口で、復活求める会の皆さんといっしょです。
平日のお昼なので、人通りも多いとは言えませんし、お昼の30分間の短い時間でしたが、66筆集まりました。
反応がよくてびっくりするほどでした。

「窓口無料に戻ったんじゃないですか」
 「いいえ。こどもだけで、大人の方は病院でいったん払うんです」
「いつから窓口無料やめたの?後藤知事は知っているの?」
「以前は窓口無料だったのですが、2014年11月から廃止したのです。もちろん知事は知っています」
「僕は脳梗塞してるから、病院にいくから、戻してほしい」
 「復活めざして署名あつめています」

署名は16000筆を超えています。
まだまだ、窓口無料復活の声が広がる可能性も見えました。
もっともっと多くの声を集めて窓口無料復活させたいです。
議会でももちろん、発言していきます。

6日には復活求める2回目の署名提出と県への要請をします。
雨が心配です。
車いすの方、障害を持っている方、雨の外出はなおさら大変です。
「自動償還払いにしたけれど、医療費の貸付事業があるから経済的負担を減らしています」と県はいいますが、
市役所にいき、ATMに行き、病院に支払うということが、障害者にとってどれほど大変なことか。まして雨だったら。
行政は、財源や机の上だけでなく、想像力が必要です。
県民がどう思っているのか。
障害者の皆さんがどのくらい大変な思いをしているのか。
想像力の欠如は県政運営の欠如につながります。

昨日のような県の対応は、まずないとは思いますが。
誠意ある回答を期待しています。
posted by こごし智子 at 11:38| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。