2018年06月06日

やっぱり意味ない リンケージ人口

リンケージ人口暫定値が発表されました。
想定通り65000人。
「従来よりリンケージ人口は増えてます」と胸をはっていた。

そりゃそうだ。観光客が増えているのですから。
でもリンケージ人口を構成する、他の要件は減っている。
二地域居住も山梨県出身者の帰郷人口も減っている。

滞在日数、利用日数が減っている。
帰郷人口の滞在日数は従来は年24日だったが、12日に半減している。

心配なのは観光客宿泊者一人当たりの消費額が減っている。
定住人口に換算する定住人口ひとりあたり消費額が減っている。
経済指標は縮小傾向だ。

宿泊者一人当たり消費額はリンケージ人口算定式では掛け算。定住人口ひとりあたり消費額は割り算。
定住人口ひとりあたり消費額がへっているということは県民経済が縮小していること。
小さくなった数字で割り算するからリンケージ人口は大きくなる。

観光客の経済効果は定住人口の経済効果にプラス傾向の評価でよいのか。
観光客数は全国的に増えている。だからリンケージ人口は自然に増えるのが当たり前。

それよりも定住、移住に少しは効果があるかもという2地域居住や県出身者のリンケージ人口は減っている。
観光客数でリンケージ人口がふえ、結果として100万人になるって、どういう意味があるのでしょうか。
観光政策をどうするかってことだけですよ。

山梨県の人口は81万台。毎年5000人くらい減っている。
県の指標にある、県外転出と転入を2020年には均衡するって見通しあるの?
出生率は下がっているし。

肝心の定住人口減ることや、移住の可能性が少しはある2地域居住や県出身者の帰郷が減っているのに。
65000人になりましたと胸を張れるのか。

私はずっと、3年前から、知事就任直後から100万人構想は何の意味もないと指摘し続けてきました。
暫定数値をみて、改めて、この数字に意味もなく、
むしろ経済指標がマイナス傾向で、滞在日数が減少していることに不安があります。
100万人どころか、ますます心配になりました。
posted by こごし智子 at 11:23| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。