2018年10月28日

決算委員会 部局審査がおわったけれど。

3日間の決算委員会部局審査が終わりました。
次は2日間の総括審査です。
今年から、総括審査はインターネット配信録画があります。
ただ、会派の所属議員ひとりあたり15分の質問時間という制限があります。
私は一人会派なので、15分の質問時間しかありません。
何をどう質問するか思案中です。

総括審査が15分しかないからこそ、総括審査を深くほりさげるためにも部局審査が重要なのだと思います。
ところが、3日間の部局審査で質問者は私だけでした。
各部長、課長、担当者ずらりと委員会室に並び、説明を聞いても、質問者は私だけって。
これでいいのですか。
議事録に質問者はこごし智子だけです。

今年から決算委員会のやりかたを変えたと言っても、部局審査はこれまでと変わりないと確認したのに、これでは決算委員会の後退です。

自民党は後藤県政を検証したのですよね。
なのに、どうして質問しないのですか?
この4年間、後藤県政を支持し、支援してきた自民党です。

議員の大切な役割のひとつは知事、行政を監視チェックする。
決算審査は議員の重要な責務です。
それなのに、いくら部局審査といっても私以外に誰も質問しないなんて、

総括審査は議員ひとり15分間きっちりやることと思いますが。。。
posted by こごし智子 at 22:48| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。