2018年12月24日

明るい民主県政をつくる会が知事選候補発表しました。

「明るい民主県政をつくる会」が1月27日投票の知事選に日本共産党県委員長の花田さんを擁立することを発表しました。
ようやく、発表となって、ほっとしています。
これで、県政転換を正面から訴えることができる。

なぜ候補を擁立するのか。
今になって出すのか。
野党共闘できないのか。
さまざまなご意見がこれまでも私にも届いていました。
たしかに、遅くなってしまったことは反省すべきです。
もっと早く候補の擁立をとしていたらとも思います。

でも、候補を擁立しないわけにはいきません。
「ずばり、ザ自民党」の県政では到底県民の暮らしはよくなりません。
憲法改正や消費税10%を掲げている自民党の県政などもってのほかです。
公約みると、リニア駅周辺整備はもとより、風林火山ミュージアム??箱物がいっぱい。
国とのパイプがあるから。国から補助金持ってこれるから。
これってモリかけ学園と同じです。
古い古い典型的な自民党政治そのもの。
4年前は自民党も公明党も民主党も共産党以外の政党がそろって現知事を応援し、4年間支えてきたのです。
山梨県が停滞しているのは自民党に責任があるともいえると思います。

では現職知事を応援できないのか。
それは出来ません。到底できません。
だって、現知事は自民党政治となんら変わらないからです。
安保法についても憲法改正についても意見が言えない。
北富士演習場の日英共同訓練についても容認してしまう。
自民党公明党の政治に批判も意見も言うことができない。
介護保険料引き下げのために国に要望すべきと私は質問しましたが「国に要望する」と答弁できないのが現知事です。
リニア駅周辺整備をすすめ、巨大開発推進。
重度障害者医療費窓口無料廃止して、年度途中に保育園に入れない子どもたちがいるのに待機児童はゼロだと言い続け、
福祉や暮らしのことは財政難だと言いながら、リニア駅周辺整備は湯水のように使う。
決算にしめる土木費の割合は全国1位。民生費は44位。
リニアが来ればリニアが来ればとリニアだのみの県政。
自民党とどこが違うのか。
自民党と同じ政治です。
カレーライスとライスカレーの違いくらいしかない。
「民主党出身だから野党共闘だ」ではありません。
現県政は自民党県政そのものです。
野党共闘の一丁目一番地の安保法について意見を述べることができない人と共闘などできません。

山梨で暮らしている人、山梨で暮らしたいと思う人の暮らしを応援する政治が必要です。
福祉や暮らしの応援です。
介護保険料や国保料をひきさげる。
返済不要の奨学金。
小中学校の給食費無料化。
リニアよりもバスを。
リニアよりも中止企業応援を
河川改修や浚渫、防災減災対策を
財源もある。231億の財政調整基金。
県民ひとりあたりにすると東京、大阪に次いで3番目。
このお金を使って介護保険料引き下げて、返済不用の奨学金、重度障害者医療費窓口無料の復活、
出来る。できる。
どういう県政をするかの姿勢で県民の暮らしは大きく変わる。

消費税10%なんてとんでもない。
山梨県を支える中小企業を応援する立場に立てば消費税10%するなと国に言う県政が必要だ。
オスプレイが勝手に飛び交う日本はごめんだ。山梨県にだって飛行している。
国の悪い政治にははっきりモノが言える知事が必要だ。

県政転換をと展望示せる。
元気になれる。

自民党か現職かの様な構図ではなく、
自民党対共産党の対決です。
すっきり。ハッキリ。明確です。

共産党と市民の皆さんとちからを合わせて。
自民党政治を辞めさせたいと思っている皆さんと力を合わせたいと思います。

私が知事選挙に出るのではないのですが、県政転換求めての思いはいっしょです。


posted by こごし智子 at 22:41| Comment(0) | 活動日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。